ウィザーズ指揮官、不仲解消に動き出したウォールとビールを高く評価

2016/09/13
NBA&海外
419

サンダーを常勝チームに変えた名将は、エースの不仲を問題視せず

ウィザーズのジョン・ウォールとブラッドリー・ビールはコート内での険悪な関係を明らかにしたが、今シーズンからチームの指揮を取るスコット・ブルックスは、そのことを全く問題にしていないと『Washington Post』に語った。

「彼らは競争心に溢れ、チームメートのことを気にかけている。そういう姿勢を持った選手なら、コーチである私やチームメートと問題になることはない」とコメント。チームのためにという姿勢から、お互いのエゴではなく勝利を優先させるため、両選手は関係改善に向けた話し合いが必要と語るなど、見解は一致している。

ブルックスは言う。「彼らは兄弟のようなもの、NBAのチームで議論や言い合いにならない方が不自然だ」

ウィザーズが2年ぶりにプレーオフ進出を果たすには、リーグ屈指のバックコートコンビになれる潜在能力を持つウォールとビールが欠かせない。ブルックスのみならず、ウィザーズファン全員が期待するのは、彼らが絶対的なワンツーパンチとなることだ。

ブルックスヘッドコーチはデュラントとウェストブルックのコンビの力をうまく引き出しサンダーを西の強豪チームへ引き上げた実績を持つ。