ドラフト1位ルーキーのベン・シモンズがレブロン・ジェームズらと練習

2016/09/02
NBA&海外
327

写真=Getty Images

新人アンケートの結果がモチベーションとなるか!?

即戦力ルーキーとして期待されるセブンティシクサーズのベン・シモンズが、レブロン・ジェームズやドウェイン・ウェイドの練習に参加した。練習には、ジェームズ、ウェイド、シモンズの他にも、キャバリアーズのリチャード・ジェファーソン、ジョーダン・マクレーが参加したようで、練習後に撮影した集合写真をウェイドがInstagramに投稿している。

Good day of work!

dwyanewadeさん(@dwyanewade)が投稿した写真 -

2016年のドラフト全体1位でシクサーズから指名されたシモンズは、ジェームズと同じ代理人と契約しているため、今回の合同練習は驚くようなことではない。サプライズと言うのなら、現地8月30日に『NBA.com』で公開された新人38選手を対象に行なわれたアンケート結果の方だ。

同アンケートでは、「新人王になるのは誰?」、「NBAで最高のキャリアを送るのは誰?」、「ベストプレーメーカーは誰?」など、10の質問から今年の新人選手間の評価を出すというもの。全体1位指名を受けたにもかかわらず、シモンズはどの質問でも1位に選出されなかった。

新人選手の中での新人王候補筆頭は、ティンバーウルブズから全体5位で指名されたクリス・ダンで、最高のキャリアを送りそうな新人にはレイカーズから全体2位で指名されたブランドン・イングラムが選出された。またダンは、「ベストディフェンダー」、「ベストプレーメーカー」でもシモンズらを抑えて新人選手の間で最も高い評価を受けている。

いくらシーズン前のアンケートとはいえ、この結果を見て燃えない全体1位指名選手はいない。2003年の全体1位選手で、1年目の2004年に新人王を獲得し、それから上り調子のキャリアを送っているジェームズとの練習は、確実にシモンズの刺激になったことだろう。

今月末から始まる各チームのトレーニングキャンプ、約1カ月後にスタートするプレシーズンゲームに向け、シモンズはさらに調整ペースを上げていく。

力強いドリブルで相手を抜き去るシモンズ。高さと速さを兼ね備えたオールラウンドプレーヤーでパワーフォワードながら卓越したボールハンドリングを持つ。新シーズンではアンケートの結果を覆すような活躍に期待したい。