NBAキャリア初先発を果たしたラプターズの渡邊雄太、後半に積極性を見せるも無得点に終わり最大のチャンスを生かせず

NBAキャリア初先発を果たしたラプターズの渡邊雄太、後半に積極性を見せるも無得点に終わり最大のチャンスを生かせず

2021/03/04 12:12
渡邊雄太

ディフェンスが崩壊し、ピストンズに完敗

ラプターズはパスカル・シアカムが新型コロナウイルス健康安全プロトコルの対象となり、ヘッドコーチのニック・ナースと5人のアシスタントコーチも健康安全プロトコルに含まれた影響で、8人の選手をベンチ登録することが不可能となり、3月1日のブルズ戦から2試合連続で延期が続いた。

こうした状況で迎えたピストンズ戦。主力のシアカムやフレッド・バンブリート、OG・アヌノビーが出場できないこともあり、渡邊雄太が先発メンバーに選ばれた。

カイル・ラウリーやノーマン・パウエルの3ポイントシュートなどが決まり、開始3分で13-3と最高のスタートを切ったが、その後ディフェンスが崩壊。特に3ポイントシュートのチェックが甘く、連続で3ポイントシュートを許した。渡邊はスイッチしてセンターのメイソン・プラムリーにつくも、パワーで押し込まれ3点プレーとなるバスケット・カウントを決められ、逆転を許した。

渡邊はオフェンスに絡むことができず、シュートアテンプトがないまま残り4分50秒でベンチに退くことに。その後、渡邊に出番はなく、チームも立て直せないまま60-69で前半を終えた。

先発メンバーに戻し、後半を迎えたラプターズ。渡邊は前半の反省を生かし、オフェンスで積極性を見せたが、なかなかシュートに当たりが来なかった。後半開始1分、ディフェンスリバウンドからボールをプッシュ。そのままシュートまで持ち込んだが、態勢を崩してしまいフィニッシュは決まらず。さらにラウリーのパスを呼び込み、オープンの3ポイントシュートを放つもリングに嫌われた。そして、トランジションから外に開くも、3ポイントラインにステップバックしたことで間合いを詰められ、放った3ポイントシュートはリングにも当たらなかった。

積極的にシュートを放つ姿勢は評価できるが精度を欠き、後半開始3分半で交代となった。渡邊がベンチに下がった後もラプターズのディフェンス崩壊は止まらず、第3クォーター終了時にはビハインドは18点にまで広がった。最後まで立て直せず、41本中20本(48.8%)もの3ポイントシュートを決められたラプターズは最終スコア129-105で完敗を喫した。

渡邊は11分間の出場で3本のフィールドゴールをすべて失敗し無得点4リバウンド。初の先発出場のチャンスで結果を残すことはできなかった。2ウェイ契約の渡邊にとって、一試合一試合が本契約を勝ち取るためのアピールの場であるが、常にチャンスが与えられるとは限らない。次節のセルティックス戦では、今日以上のパフォーマンスを見せてほしいところだ。

RECOMMEND