大阪エヴェッサ 安井代表に聞くvol.3 「僕らは理念を達成するために活動していかなければならない」

2016/08/31
Bリーグ&国内
211

Bクラブのキーマンに聞く
Bリーグ開幕が迫ってきた。日本のバスケットボール界が大きく変わろうとしている今、各クラブはどんな状況にあるのだろうか。それぞれのクラブが置かれた『現在』と『未来』を、クラブのキーマンに語ってもらおう。
構成=鈴木健一郎 写真=安田健示

見に行きたくなるような選手が出てきてほしい

稲葉 その他にクラブとして目指していきたいことはありますか?

安井 クラブとしてのビジョンがあります。クラブ公式WEBにある「大阪エヴェッサ クラブ理念」ですね。その理念が大阪エヴェッサが成し遂げないといけない事業の目的です。しかし、それを達成するためには利益がないといけない。例えば、チームを強くするという目的があって、そのためには良い選手を獲得するだけの利益がなければいけない。理念を達成するために利益を得ないといけない。僕らは理念を達成するために活動していかなければならないと思っています。

稲葉 それで言うと、集客でやらなきゃいけないミッションが途中でしたね。アクセスの改善は分かりました。あとは地域と向き合う中で観客動員を伸ばしていく、それは具体的に何なのか。

安井 僕は子供たちに来てもらいたいんです。子供たちってこれから劇的に変わる可能性があるので。クラブとして地域の子供たちとコミュニケーションを取るべきだと思ってます。

稲葉 これまでも子供たちとのコミュニケーションをやってなかったわけじゃないですよね?

安井 去年から大阪市と連携協力に関する包括協定を結んで、大阪市内の学校に試合招待の案内ができるようになりました。

稲葉 試合ごとにいくつかの学校から子供たちを招待するような?

安井 全部です。大阪市内の子供は無料で試合が見れます。子供たちには可能性があるので。そしてその親御さんにも来てもらいたいです。市長が「また今季も」とおっしゃっていただいているので、今季もやろうと思います。ただ、実施する試合はちゃんと精査して進めます。

稲葉 Bリーグが始まることでバスケ界全体が大きく変わってくると思います。安井代表個人として、バスケ界がこう変わってほしいという具体例を挙げるとしたら、どんなことですか?

安井 なんで言うか……スターが出てきてほしいですね。サッカーの本田圭佑選手みたいな。単にうまいだけじゃない、単にカッコ良いだけじゃなくて、見に行きたくなるような選手が出てきてほしいです。

稲葉 よし、本田選手も大阪人ですし、エヴェッサから出しましょう!

安井 本田選手みたいな存在が出てくるまでには歴史がいるでしょうね、おそらく。でもまずはE-FIVEからですね。頑張ります!

大阪エヴェッサでは市内の子供をメインターゲットとして、積極的にコミュニケーションを図っている。

Bクラブのキーマンに聞く/安井直樹 エヴェッサ大阪代表取締役
vol.1「僕らが観客動員を増やせたら、チームは勝ちます!」
vol.2「アリーナから最寄駅まで、来やすく帰りやすい状況を」
vol.3「僕らは理念を達成するために活動していかなければならない」