セルティックスを撃破したネッツは開幕2連勝、それでもカイリー・アービングに油断なし「あと70試合ある」

セルティックスを撃破したネッツは開幕2連勝、それでもカイリー・アービングに油断なし「あと70試合ある」

2020/12/26 13:02
カイリー・アービング

伸びしろを実感「チームはまだまだ成長できる」

今シーズンの優勝候補に挙げられているネッツは、ウォリアーズとの開幕戦に125-99で勝利したのに続いて、セルティックスとのクリスマスゲームにも123-95で勝利し開幕連勝を記録した。

ケビン・デュラントとカイリー・アービングの両エースはともに好調で、シーズン2試合目にはアービングが37得点6リバウンド8アシスト、デュラントが29得点4リバウンド3アシスト2スティールの好パフォーマンスでチームを牽引した。

2試合続けて120点を超え、さらには課題と見られていたディフェンスも悪くなく、失点を100未満に抑えている。アービングも「楽しくプレーできている」とコメントするなど、スティーブ・ナッシュのチームは機能しているようだ。

しかしアービングは「まだ70試合も残っている」と、気を引き締め直す。

「レギュラーシーズン、それからプレーオフの試合でも様々なチャレジにこれから遭遇するだろうし、今は東カンファレンスにも素晴らしい選手が多い。とにかく、急がずに取り組まないといけない」

もちろん、アービングはチームがさらに成長可能なことも実感している。

「チームはまだまだ成長できる。まだ2試合しか消化していないことがうれしいし、次の試合に向かうだけ。楽しくやりたい。ただ、特に今シーズンは落ち着いてやらないといけない。プレーできることが当たり前ではないし、チームのみんなと学びながらやっていきたい」

RECOMMEND