テイロン・ルーがキャバリアーズとの新たな5年契約にサイン

2016/07/28
NBA&海外
133

写真=Getty Images

キャブスをNBA王者に導いた指揮官が高待遇をゲット

昨シーズンに初めてNBAチャンピオンとなったキャバリアーズは、ヘッドコーチを務めるタイロン・ルーと5年間の契約延長を結んだことを発表した。契約金額は3500万ドルと見られている。

アシスタントコーチであったタイロン・ルーは、シーズン途中に前ヘッドコーチのデビッド・ブラッドの解雇に伴い、ヘッドコーチに昇格した。

東カンファレンスを57勝25敗の成績で1位通過。迎えたプレーオフでは、初戦のピストンズ戦から10連勝をマークし、ファイナルへ進出した。2年連続同じ対戦カードとなったウォリアーズ戦では、1勝3敗から3連勝の逆転劇でキャバリアーズを優勝に導いた。

ルーは現役時代に2000年と2001年にレイカーズで優勝を経験している。転機は2001年のファイナルに訪れた。当時のシクサーズのエース、アレン・アイバーソンをマンツーマンマークで苦しめ脚光を浴びたのだ。

現役時代に突出したスタッツを残したわけではない。しかし、レイカーズではシャキール・オニールやコービー・ブライアントなどのスター選手のチームメートとなり、ウィザーズでは現役復帰した『神様』マイケル・ジョーダンと一緒にプレーすることで、「ビッグネームとどう接するか」の方法論を熟知していたと言える。

監督と選手がお互いを理解し合えないで、良質な関係を築くことができずに移籍や解雇となるケースはよくあることだ。レブロン・ジェームズとの不仲説が報じられ解雇されたブラッドに対し、互いをリスペクトする良質な関係を築くことに成功したルー。そのコミュニケーション能力は選手時代の経験から培ったものであろう。

ビッグ3が健在で、その舵を取るルーの契約延長が決まったキャバリアーズ。東カンファレンスの一強時代はまだ続きそうだ。

『神様』ジョーダンに対しても物怖じせずにプレーしていたルー。この経験が今のヘッドコーチ業に活きているのであろう。