最後の挑戦でウインターカップ出場を、千葉英和の志村愛莉&高根澤伽心「笑い合い励まし合いながらやっていきます」

最後の挑戦でウインターカップ出場を、千葉英和の志村愛莉&高根澤伽心「笑い合い励まし合いながらやっていきます」

2020/10/16
志村愛莉&高根澤伽心

森村義和ヘッドコーチ、藤岡麻菜美アシスタントコーチの下で、6年ぶり3回目のウインターカップ出場を目指す千葉英和高校の女子バスケットボール部。レベルの高い県予選を勝ち抜くのは簡単ではないが、今年の千葉県には出場枠が2つあり、昭和学院がすでに出場権を持っていて、もう1枠を各校が争っている。千葉英和はトーナメントを勝ち上がり、今週末の幕張総合との代表決定戦に勝てばウインターカップ出場が決まる。キャプテンを務める志村愛莉、インサイドの要となる高根澤伽心に意気込みを聞いた。

「チームとして声出しがすごく良くなっています」

──まずはポジションやプレースタイルなどの自己紹介を、そしてお互いに紹介し合ってください。

志村 キャプテンをやらせてもらっています、フォワードの志村愛莉です。スピードで抜いて得点をどんどん取るスタイルです。

高根澤 高根澤伽心です。ポジションはセンターで、183cmの身長を生かしてゴール下で強く点を取れるよう頑張っています。愛莉はキャプテンなのでプレー中はすごくみんなをまとめてくれます。学校生活だと誰にでもフレンドリーですごく優しいので、愛莉の周りにいる子はみんな笑顔になっています。

志村 伽心は人見知りが全然なくて、男女関係なく誰とでも緊張せず仲良くなれるので、クラスでも目立つ子です。

高根澤 今は緊張しています(笑)。

志村 私も(笑)。

──高校進学の際に千葉英和を選んだ理由を教えてください。2人ともバスケのために千葉英和に来たんですよね。

志村 強いチームでバスケットがしたいという思いがあって、県の中でもトップクラスだった英和を選びました。部活を見に行った時に先輩たちが優しくて、良い人がたくさんいたのでここにしようと思いました。

高根澤 森村先生からお誘いをいただいて、試合を見に行くたびに先輩たちのプレーがカッコ良くて、練習会に参加することにしました。そこで先輩たちがすごく優しかったのが決め手になりました。

──この1年で、チームの成長をどう感じていますか?

高根澤 すごく変わったと思います。まずガードやフォワードの子たちが麻菜美コーチに教えてもらったおかげでハンドリングがすごく上手くなって、そこで勝負できるようになりました。

志村 チームとしても前は全然声が出なかったのですが、今は声出しがすごく良くなっています。私もキャプテンとして引っ張る姿勢をこれまではあまり見せられなかったんですけど、それも麻菜美コーチに教わってできるようになりました。

志村愛莉

「練習から自分が引っ張って、目標を達成したい」

──今日の練習を見ていましたが、志村選手はドライブで仕掛けてからノールックでパスを出したり、細かなテクニックを入れてきたりと、見ていて楽しいプレースタイルだと感じました。これはもともとのスタイルですか、千葉英和で身に着けたものですか?

志村 中学生の時から自分でも気づいていなかったんですけど自然に出ていたみたいで、お母さんに「ノールックパスやってるね」と言われて「ああ、そうなんだ」という感じでした。今は自覚してやっています。

──高根澤選手はゴール下で高さだけで勝負するのではなく、走れてフットワークのあるセンターですよね。

高根澤 私もセンターですけど今までは接触プレーが好きじゃないというか、センターなのにボールから逃げたりしていました。ゴール下よりも上から攻めるのが好きで、フォワードに近いプレーをしていたんですけど、麻菜美コーチからこの身長があるのに下でやらないのはもったいないと言われて、自分でもそこでバリバリ活躍できるようになりたいと思いました。まだバリバリできる自信はないんですけど、今は自分からボールをもらいに行くし、リバウンドにも積極的に参加できるようになったので、前より少しはできるようになったと思います。

──藤岡コーチは日本代表のポイントガードでしたが、このチームにとってはレジェンドですよね。体育館の外のトロフィールームに写真が飾ってあったり。そんなレジェンド的存在の藤岡コーチが毎日指導するようになって、テンションは上がりました?

高根澤 最初は楽しくて楽しくて仕方なくて、「早く部活行きたいなあ、まだかなあ」みたいな。それは今も変わらなくて、バスケをやるテンションがいつも高いです。

志村 実際、練習の雰囲気はガラリと変わりました。声出しもそうだし、一人ひとりのスキルもプレースタイルも変わりました。

──自分たちの代で新型コロナウイルスの影響を受けて大変だったと思いますが、今はあと1勝で全国大会に行けるところまで来ました。来週の代表決定戦に向けた思いを聞かせてください。

高根澤 森村先生の時もそうだったんですけど、麻菜美コーチが来てくださってから私はセンタープレーが前よりできるようになったと感じています。千葉経済大附との試合でもゴール下で勝負することができて自信になりました。次の試合でもこの身長を生かして、このチームのゴール下の中心になれるように頑張っていきたいです。

志村 あと1試合でチームが目標としているウインターカップに行けます。でも練習でしっかりやらないと試合で良いプレーや声出しはできないので、練習から自分が引っ張ってチームのテンションを上げて、目標を達成したいです。

高根澤伽心

「しっかり勝ち取って親とか先生にプレゼントしたい」

──高校バスケ最後の大会を戦っています。そのことへの思いを教えてください。

志村 今まで支えてくれた親や指導者の方々に恩返しできるように、ウインターカップに行って良い成績を残せるように頑張りたいです。

高根澤 私は埼玉からここまで通っていて、すごく遠いので朝も早くて、お母さんやお兄ちゃんに送り迎えをしてもらってすごく感謝しています。先生方にも3年間こんなに育ててもらって、やっと手に入れたウインターカップ出場のチャンスなので、しっかり勝ち取って親とか先生にプレゼントしたいですし、ウインターカップで勝ってみんなで喜んでる姿を見せたいです。

──代表決定戦の試合は配信されますし、ウインターカップになれば観客も会場に来る予定です。千葉英和のこういうバスケットを見てほしい、という部分はどこか教えてください。

志村 全員で声を出して、ディフェンスはみんなで守る部分を強化しているので、そこを見てほしいです。

高根澤 プレースタイルもそうなんですけど、英和は先輩後輩の仲がすごく良いので、プレー中もみんな楽しくやっている感じで、試合中にも笑い合い励まし合いながらやっています。そこを周りの人たちも楽しんで見てほしいなと思います。

コメントを残す

RECOMMEND