決戦を支配したニック・ファジーカス「日本バスケの基礎をこれから作り直したい」

2018/07/03
日本代表
1623

取材=小永吉陽子 構成=丸山素行 写真=野口岳彦、ⓒJBA

難敵デイビスを圧倒し、負けられない試合を支配

男子日本代表は昨日、チャイニーズ・タイペイと対戦し、108-68の100点ゲームで勝利した。0勝4敗と窮地に立たされたものの、オーストラリアから金星を挙げた勢いそのままに連勝し、ワールドカップアジア1次予選を突破している。

100点ゲームの快勝劇で主役を演じたのはニック・ファジーカスだ。第1クォーターだけで11得点を挙げてチームに勢いをもたらすと、その後も攻守で圧倒的な存在感を見せ、3本の3ポイントシュートを含む32得点11リバウンドと試合を支配した。

「出だしからリードできたのは良かった。オーストラリアを倒したことで、チームとして自信を持ってプレーができたと思う。負けたら敗退だったので、自分が活躍しなきゃいけないと心を決めてプレーした」と試合を振り返る。

「デイビスへの対応がゲームプランの一つで、彼のビデオをたくさん見て研究した」とチャイニーズ・タイペイの帰化選手であるデイビスについて語る。ファジーカスを止められず、リバウンドも取れない。フラストレーションが溜まったデービスは、太田敦也のユニフォームを引っ張りテクニカルファウルを取られるなど精彩を欠いた。出場した時間帯の得失点差はファジーカスが31でデイビスが-38。エース対決は明暗が分かれた。

敵だった選手がチームメートに「一緒に祝えるのが嬉しい」

ファジーカスと八村塁の加入によりチーム力は各段に上がったが、その一方で連携面での不安は少なからずあった。ただし、韓国との国際強化試合から練習を重ねたことで、『本番』であるオーストラリア戦とチャイニーズ・タイペイ戦では十分な連携が見せられた。

「すごく長い1カ月だったし、練習もすごい多かった。でもその分、オーストラリア戦はエキサイトな試合ができると思ってうれしい気持ちだった。ケミストリーを作るという意味でも良かったし、連勝したということで、この1カ月は成功だったね」

昨日の試合では単なる個の力ではなく、ピック&ロールなど流れの中からチャンスを呼び込み、高い決定率でシュートを沈めていった。合宿を重ねる中で、ファジーカスも日本代表の一員であることを肌で感じられるようになっていった。「Bリーグではほとんど敵だった選手が、今では友達のような関係なので、なんだか変な気持ちだ。連勝をチームメートと一緒に祝えるのはうれしい。でも、大事なのは同じ目標に向かって、達成しようと頑張っていることだ」

「日本バスケの基礎をこれから作り直す」

日本は崖っぷちから2連勝を挙げ、2次予選に駒を進めた。ファジーカスは勝利の喜びに浸るのでなく、「引き続き努力していかないといけない。対戦相手もよりタフになるけど、それを楽しみながらチームとして成長したい」と先を見据えて気を引き締めている。

帰化選手となった当初、ファジーカスは「日本のバスケを強くしたい」と語っていた。ファジーカス加入後、韓国から1勝を挙げ、アジア最強チームのオーストラリアを撃破し、チャイニーズ・タイペイに圧勝した。すでにファジーカス効果は十分に発揮されている。

ファジーカスは言う。「オーストラリアに勝てたということは、チームの助けになってると思う。自分のゴールとしては、日本バスケの基礎をこれから作り直すという意味で貢献したいと思ってるんだ」

救世主となったファジーカスが加わったバスケットボール日本代表。オリンピック出場を見据える、日本バスケ界の新たなる一章は始まったばかりだ。