橋本尚明は長く活躍できる選手を目指して島根スサノオマジックへ「こいつがいれば大丈夫 、と思われる選手に」

橋本尚明は長く活躍できる選手を目指して島根スサノオマジックへ「こいつがいれば大丈夫 、と思われる選手に」

2020/09/09
橋本尚明

橋本尚明は今夏に横浜ビー・コルセアーズから島根スサノオマジックに移籍した。昨シーズンは横浜の主力として活躍していたが、本人は「ポイントガードをやりたい」と、今回の移籍に至った理由を明かした。そんな橋本にポイントガードをやりたい理由やこれまでのプロキャリアについて話を聞いた。

「将来を見据えて今のうちに成長できるところはしたい」

──まずは横浜での2シーズンについて聞かせてください。横浜1年目は役割も定まらず苦戦したシーズンでしたが、2年目の昨シーズンは先発を務めてスタッツを軒並み伸ばし、自信を得られたと思います。

そうですね。ただ、手応え的にはもうちょっとできたかなというのがあります。自分の調子が上がって来ている時にケガで結構長く離れてしまったので、タラレバですけどケガがなければもっとできたなという自信はありました。なので悔しさの方が大きかったですね。

横浜での1年目はあのパフォーマンスで、ベンチ外に何回もなっていましたから、正直もうこれで僕のバスケットは終わるんだろうと覚悟していました。結果も残せていなかったので、「もう次はどこからも呼ばれないだろうな」という気持ちでした。家族が試合を見に来てくれるんですけど、僕はベンチ外になっていて、ユニフォームも着てなければ試合にも出ていない。そういう姿を見られるのが自分としては結構しんどかったです。今まではずっと試合に出ているパパを見せてきていたのに、いきなりそうなった姿を見せるのが一番つらかったです。

──それでも横浜と契約継続をして、2年目には主力として活躍しました。自分のパフォーマンスを取り戻すことができた要因は何だったのでしょう?

実は横浜1年目のシーズン終盤での、シーホース三河とのアウェー戦がきっかけなんです。なぜか分からないですが、それまでずっと試合に出ていなかったのに、その日は試合に出そうだなという感覚があって。気持ち的にも試合に出て1本目を打ったら入るという感じがしていました。それでずっとイメージトレーニングをしていたら本当に試合に出るチャンスが来て。そうしたらイメージ通りに右45度からシュートを打つタイミングが来て、それが決まったんですよ。そこからポンポンと立て続けにシュートを決められて、次の試合にも出させてもらって。それ以降はプレータイムをもらえるようになりました。その経験をしたからイメージトレーニングというか、そういう感覚は大事だなと気が付きましたし、今思うと良い経験をしたと思っています。

──きっかけとは不思議なものですね。昨シーズンは先発に定着し、バックコートの守備の要として活躍していただけに、今回の移籍は驚きました。島根を選んだ理由は何ですか?

新シーズンはレギュレーションが変わることもあって、ポイントガードをもっとやりたいと考えていました。今までも1番をすることはありましたが、基本は2番だったので。島根もそこを求めてくれているので移籍を決めました。

ポイントガードをガッツリやっていたのは大学生ぐらいまでですが、僕みたいな184cmぐらいの2番は、レギュレーションも変わるし、この世界で生きて行くには限界があるんじゃないかなと薄々感じていて。ただ、この身長だからしんどいとか、ミスマッチを突かれるという感じはあまりありません。それでもどのチームでもやっていくためには、1番2番の両方ができる選手の方がプレータイムも伸びるだろうし、将来を見据えて今のうちに成長できるところはしたいと考えています。

橋本尚明

「外国籍選手でも守れればどこにいっても通用する」

──島根はロスターの半分以上を入れ替えました。昨シーズンは昇格1年目で苦戦して、新シーズンも簡単ではないと思います。

レギュレーションも変わって1番2番の外国籍選手が増えるので、上のポジションの日本人がどれだけやれるかにかかってくると思います。僕たち日本人もチーム内競争が相当激しくなりますし、相乗効果で良くなっていく感覚が個人的にありますね。もちろん、僕もプレータイムを勝ち取るために今は練習で削り合っていますし、お互いがそういう感じなので成長できる部分があると思います。昨シーズンの島根とは全然違う姿を見せられると思います。

──新シーズンはどのようなバスケットをしていくとヘッドコーチから言われていますか?

チームの目標はチャンピオンシップ進出です。ディフェンス重視のチームを作ってトランジションの速いオフェンスをする、という島根のコンセプトを最初に伝えられました。そのスタイルは僕に一番当てはまっていると自負しているので、ヘッドコーチが求めているバスケができると思います。

僕はアグレッシブなディフェンスが持ち味なので、日本人ガードだろうが外国籍ガードだろうが関係なしに付きたいです。そこが自分自身楽しみでもあり、試練でもあるのかなとは思います。そこで相手が外国籍選手でも守れればどこに行っても通用するし、逆にそこがダメだったらそこまでの選手と思われるかもしれないので。

──橋本選手はBリーグ5年目にして、島根で4チーム目になります。キャリアだけを見ると苦労人と感じます。

うーん、どうやろうなあ……。今回はコロナの影響もあって、チームが決まるまで時間がかかったのでヤバいなとは思ったけど、今まではすぐに移籍先も決まっていたし、苦労した感じはないですね。僕自身、移籍をネガティブにとらえてはいません。自分のステップアップになるし、僕を求めてくれるチームに行けているので。

──なるほど。ご家族の理解もあってのことと思いますが、それこそお子さんは転校とか嫌がりません?

息子は「好きなところでやってほしい」と言ってくれます。良い子ですよね(笑)。

橋本尚明

「僕はクリーンだよ、ってみんなに言いたい(笑)」

──移籍できるのも評価されているからこそ。ご自身ではどこを評価されていると思いますか?

よく言ってもらえるのはチームにエナジーを与えられる、ディフェンスのアグレッシブさやドライブは褒めてもらいますね。でもね、やっぱり僕の評判ってあんまり良くないんですよ。この容姿やし、怖い人に思われがちで(笑)。でも、だからこそ僕のことをいろいろなチームの人にもファンにももっと知ってほしいなと思いますね。容姿はこんなだけど、ホンマにクリーンな人間なので。態度が悪いとか言われる時もあるんですけど、集中すると無口になるじゃないですか。それで無口になって見た目もこんなだと、なんかね(笑)。

──こうやってお話させてもらうと、橋本選手のクリーンさは伝わります(笑)。早く島根のファンにも橋本選手のクリーンな姿を届けたいですね。

僕はクリーンだよ、って本当にみんなに言いたい(笑)。もともと練習中も試合でも声を出して盛り上げていくタイプですけど、今シーズンはもうちょっと明るいところを見せて行こうかなと。

──年齢的にも中堅になりますが、リーダーシップを発揮するのか、それとも明るく陽気なムードメーカーですか?

無口な人間でもないし、結構しゃべる方なのでそこを今シーズンは強調して行きます。今までやってきたことをするだけなので、あらためて何かを変えるということはないですね。人にどう思われているかなんて、分からないじゃないですか。でも嫌われてはないと思うな、分からんけど(笑)。

──28歳になり、いろいろな経験をして脂が乗って来る時期です。これからどんな選手になりたいですか?

B1で長く活躍できる選手は、手を抜かないことだったり、人が嫌がる仕事を率先してできる選手だと思います。泥臭いことをやり続ける、それがB1で長生きしていく秘訣だと思うので、そこはずっと続けて行きます。その上で『こいつがいれば大丈夫』とヘッドコーチに思われる選手になりたいですね。それがシュートなのか、ディフェンスなのか、泥臭い部分なのかは分からないですけど、とにかく『こいつがいれば大丈夫』と思われるようになりたいです。

──それでは最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

とにかく今はコロナが早く終息して、早く皆さんに会いたいです。島根はディフェンスのチームなので、自分が率先して前からプレッシャーをかけたり、新しいポジションにも挑戦するので、そこを見てほしいです。応援よろしくお願いします。

RECOMMEND