バックス新ヘッドコーチと面会したアデトクンボ「素晴らしい話ができた」

2018/05/18
NBA&海外
139

写真=Getty Images

就任発表前にヘッドコーチ候補とスター選手が面会

5月17日、バックスは新ヘッドコーチに前ホークス指揮官のマイク・ブーデンホルザーの就任を発表した。

ブーデンホルザーは今シーズンまでホークスのヘッドコーチを5シーズン務め、2014-15シーズンには年間60勝に導き年間最優秀コーチ賞にも選出された人物。正式な就任発表を前に、バックスはエースのヤニス・アデトクンボをブーデンホルザーに引き合わせている。正式発表の前に主力選手とヘッドコーチ候補が会って話をするケースは稀だ。

アデトクンボは、今年のドラフトにエントリーしている弟のコスタスが参加したNBAドラフト・コンバインを見学するため、シカゴに滞在している。『ESPN』の番組に出演したアデトクンボは、ブーデンホルザーとの面会について聞かれ「素晴らしい話ができた」とコメント。「ゲームプランや、彼が自分を選手としてどう評価しているか、どうやってチームを率いるかを聞いた。答えづらい質問もたくさんしたけれど、良い話し合いになった。彼の下でプレーするのが楽しみだ」

就任前の面会についても聞かれると、アデトクンボはこう答えている。

「とても意味のあることだと思う。自分には決定権はないし、球団の決定を覆すこともできない。逆にフロントのスタッフは自分にジャンプシュートの打ち方を教えられない。僕は自分の仕事をするし、彼らも彼らの仕事をしている。それでも、彼と話せて良かった」

ブーデンホルザーは、ホークスのヘッドコーチに就任する以前、スパーズで17年アシスタントコーチを務め、名将グレッグ・ポポビッチの右腕として活躍している。スパーズのNBA優勝4回にも大きく貢献した。人心掌握、戦術、戦略にも優れていると言われる指揮官の下で、アデトクンボが選手としてどう成長するのか、これからが楽しみだ。