「レジー・ミラー好きの母ちゃん」に感化されたNBA好き、田中圭がその魅力を語る

2018/04/07
NBA&海外
932

文=丸山素行 写真=尾藤能暢 ヘアメイク=大橋覚(VANESSA+embrasse) スタイリスト=山本隆司

ドラマや映画、CMに舞台と様々に活躍する人気俳優の田中圭は、プライベートでは大のNBA好き。多忙を極める田中が、今回は大好きなバスケがテーマとあって取材に応じてくれた。

インタビュールームにやって来た田中は自然体の笑顔で我々の緊張を打ち消し、すぐに場の空気をアットホームなものへと変えてくれた。バスケットをプレーしながら育ち、レジー・ミラーの大ファンだったという母の薫陶を受けた田中のNBA好きは本物。1999年、史上初めて第8シードからNBAファイナルに勝ち進んだ『ミラクル・ニックス』のエース、ラトレル・スプリューウェルの名が会話の中にサラリと出てくることからも、相当なNBA好きであることが分かる。そんな彼が、NBA好きになったきっかけとその魅力をたっぷりと語ってくれた。

「プレーオフを見て、好きなチームを見つけてほしい」

――田中さんはご自身もバスケをプレーし、NBA好きとして知られていますが、バスケを始めたきっかけはな何だったのでしょうか?

母親がもともとNBAが好きで、家にはレジ―・ミラーのポスターがいっぱいありました。その母がバスケをやらせたいと言っていて、小学校1年生の時にYMCAというバスケットクラブで始めました。中学ももちろんバスケ部に入りました。

中学3年の一番最後の大会が終わって、そこで右足の靭帯をケガしたんです。治った右足をかばっていたら今度は左足の靭帯をケガしたんです器用に(笑)。中学3年の終わりから、高校1年にかけて10カ月くらいバスケをやってない期間があったので、それで高校1年で本気のバスケは辞めたイメージを持っています。中学3年生の中で、やさぐれそうなになった時に母が芸能界のオーディションを受けさせて、こうなりました。

――お母様がNBA好きという話でしたが、最初に見たNBAの試合を覚えてますか?

一番最初かどうかは定かではないですが、一番深く印象に残っているのはドリームチームです。特にその時、試合をしてるんですけど、ショーをしているイメージがあって、遊び心いっぱいというか。いかにお客さんを楽しませるかみたいな感じで、興奮して見てた記憶はありますね。

――物心がついて、一番バスケに没頭していた中学の頃に好きだった選手は誰ですか?

僕は(ラトレル)スプリューウェルという選手がすごい好きでした。彼が8番をつけていたので、ユニフォームは8番にしていました。基本スプリューウェルはとにかく右から入っていって、0度から入れるイメージがあったんです。ずっと真似してましたし、すごい影響を受けていたので、僕も左ドリブルの練習はマジでしなかったです(笑)

――完全に練習しない言い訳ですね(笑)。トレードマークのコーンロウヘアーの真似はしなかったのですか?

典型的なガリ勉タイプのおぼっちゃまだったので、さすがにそれは真似しなかったです。

――スプリューウェルは素行の悪さが問題になった選手でもありますね。

進学校だったので、そういった悪へのあこがれみたいなのものもあったと思います(笑)。

カリーの3ポイントシュートに衝撃「そんなにすぐ打つの!?」

――現在のNBAで好きなチームや選手はいますか?

ウォリアーズですね。一番好きなのは(ステフィン)カリーです。すぐ打っちゃうし、入っちゃう。それが本当に衝撃だったので。

――3ポイントラインからさらに遠い位置からも打ちますが、確率も高いですよね。カリーは歴史を変えましたね。

昔からNBAを見ていて、スパーズのツインタワーのようなインサイドがしっかりしたチームが強いと思っていました。母ちゃんがレジー・ミラーを大好きだったんですけど、そんな中ミラーは外から一人で頑張るみたいな感じだったので。それが数年前にNBAを見た時に、「そんなにすぐ打つの!?」ってカリーに衝撃を受けたんです。

これをもし日本のバスケでやったら絶対怒られるじゃないですか(笑)。カリーはチームメートに嫌われてるんじゃないかなって最初は思ったんですけど、むしろ信頼されてるじゃないですか。日本もこうなればいいのになって思うんです。

――田中さんのファンは女性ファンが多いと思います。Bリーグでは観客の半分以上が女性となっていますが、そうした女性にNBAを好きになってもらうにはどうすればいいでしょうか?

プレーオフを見ればNBAの魅力はだいたい詰まってますし、それこそプレーオフですよ。見れば絶対に楽しいですから。そこで好きなチームを見つけてほしいです。

――どういったプレーに注目すればより楽しめますか?

フリーになるまでの駆け引きは面白いと思います。完璧にフリーを作って、そこにパスが通って、決められた時の相手の「うわっ」というのが見ていて気持ちいいですね。ボールを持っている人がすべてじゃなく、ボールを持ってない人の動きは好きですね。そこに注目してください。

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★「超絶!2018NBAプレーオフ紹介SP 王者の強さを探る旅」
東西16チームが優勝を目指すプレーオフがいよいよ始まる。激闘を前に見どころを徹底紹介。さらに、番組キャスター長澤壮太郎がウォリアーズのホームを現地取材し、その強さを探る。
4/14(土)夜7:00~[WOWOWプライム]
※生放送 ゲスト/レイザーラモンRG、解説/佐々木 クリス、キャスター/長澤 壮太郎

★『超絶ドラマチック!NBAバスケットボール プレーオフ』

4/15(日)開幕!東西1回戦は毎週4試合放送。土曜は企画満載!スーパーサタデーLIVE
■WOWOW NBA番組オフィシャルサイト(放送カードなどの最新情報を随時更新)
http://www.wowow.co.jp/sports/nba/

◆◆◆ 田中 圭さん出演ドラマ情報◆◆◆

「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」 6/16(土)夜10:00スタート
[WOWOWプライム]  毎週土曜夜10:00(全5話)※第1話無料放送
http://www.wowow.co.jp/dramaw/wf/