問われる指揮官のマネジメント能力、ケガ人続出の日本代表はどんなチームに?

2018/02/07
日本代表
71

文=鈴木健一郎 写真=丸山素行

シーズンは佳境、複数の主力選手がケガを抱えるピンチ

昨日、男子日本代表は2月22日のチャイニーズ・タイペイ(ホーム、横浜国際プール)、25日のフィリピン(アウェー)との2試合に向けた予備登録メンバーを発表した。登録メンバーは24名。2試合いずれも前日のゲームミーティングで、この24名からベンチ登録12選手のリストを提出することになる。

注目はポイントガード。昨年11月の2試合では富樫勇樹を軸に、篠山竜青、宇都直輝の3人でポイントガードを回したが、富樫は現在故障離脱中。2月22日のチャイニーズ・タイペイ戦に間に合うかどうか、間に合ってもどこまでコンディションが戻っているかははっきりせず、『保険』として田臥勇太、並里成の2人がリストに入った。

あくまで「現行のメンバーで行くつもり」と指揮官フリオ・ラマスは言うが、代表合宿には定期的に参加している橋本竜馬にしても、先週の代表合宿ではケガをしている。リーグ戦の真っ最中で心身ともに負荷が高い状況が続く中、誰かが欠けた場合を想定した準備が必要となる。

37歳の田臥と28歳の並里は、これまで一連の代表活動には入っていない。田臥は2016年夏のリオ五輪最終予選が最後。並里は代表がリオ五輪出場を逃し、ルカ・パヴィチェヴィッチの下で日本代表の再構築がスタートした際の重点強化選手68名に入ったが、その後は招集されていなかった。どちらもBリーグでは既存の代表ポイントガードに劣らない活躍を見せており、経験豊富とあって『非常事態』にチーム合流からすぐのゲームでもパフォーマンスができる選手、という意味での選出となった。

ケガ人は富樫だけではない。辻直人がケガを抱えている状況で金丸晃輔はメンバーに入らず、シューター不足が懸念される。永吉佑也もケガをしており、竹内公輔の落選は意外だ。さらには負けられないワールドカップ予選の予備登録に、戦力としては未知数の大学生や中学生の田中力など6選手が含まれている。『将来への布石』としても24人中6人は多すぎるのではないか。

それでもフリオ・ラマスはBリーグの会場に足しげく通い、選手を視察している。チームマネジメントとして、最も勝つ可能性が高い選択がこの24名ということなのだろう。

「22日のチャイニーズ・タイペイ戦に合わせて準備をしている」と指揮官は言う。フィリピン、オーストラリアは格上であり、チャイニーズ・タイペイが実質的なライバル。4チーム中3チームが勝ち上がる1次リーグで、ホームでのチャイニーズ・タイペイ戦は勝利が絶対条件となる。残り2週間でどこまでのチームに仕上げられるか、ラマスの手腕に注目したい。


W杯アジア1次予選
男子日本代表メンバー
2018年2月6日発表 予備登録24名
番 号 名 前 Pos. 身長/体重 生年月日 所属チーム
1 田臥勇太 TABUSE Yuta PG 173cm/76kg 1980/10/5 栃木ブレックス
2 アイラ・ブラウン BROWN Ira PF 193cm/105kg 1982/8/3 琉球ゴールデンキングス
3 太田敦也 OTA Atsuya C 206cm/112kg 1984/6/4 三遠ネオフェニックス
4 竹内譲次 TAKEUCHI Joji PF 207cm/98kg 1985/1/29 アルバルク東京
5 古川孝敏 FURUKAWA Takatoshi SG 190cm/92kg 1987/10/20 琉球ゴールデンキングス
6 小野龍猛 ONO Ryumo SF 197cm/100kg 1988/1/6 千葉ジェッツ
7 橋本竜馬 HASHIMOTO Ryoma PG 178cm/81kg 1988/5/11 シーホース三河
8 篠山竜青 SHINOYAMA Ryusei PG 178cm/78kg 1988/7/20 川崎ブレイブサンダース
9 並里成 NAMIZATO Narito PG 172cm/72kg 1989/8/7 滋賀レイクスターズ
10 辻直人 TSUJI Naoto SG 185cm/82kg 1989/9/8 川崎ブレイブサンダース
11 鎌田裕也 KAMATA Yuya PF 197cm/113kg 1990/5/11 川崎ブレイブサンダース
12 比江島慎 HIEJIMA Makoto PG 190cm/88kg 1990/8/11 シーホース三河
13 宇都直輝 Uto Naoki PG 189cm/77kg 1991/6/11 富山グラウジーズ
14 永吉佑也 NAGAYOSHI Yuya PF 198cm/115kg 1991/7/14 京都ハンナリーズ
15 田中大貴 TANAKA Daiki SG 192cm/93kg 1991/9/3 アルバルク東京
16 西川貴之 NISHIKAWA Takanobu SG 196cm/88kg 1992/1/14 シーホース三河
17 張本天傑 HARIMOTO Tenketsu SF 197cm/102kg 1992/1/8 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
18 富樫勇樹 TOGASHI Yuki PG 167cm/65kg 1993/7/30 千葉ジェッツ
19 馬場雄大 BABA Yudai SF 195cm/88kg 1995/11/7 アルバルク東京
20 玉木祥護 TAMAKI Shogo PF 195cm/87kg 1996/8/30 筑波大学
21 平岩玄 HIRAIWA Gen C 199cm/102kg 1997/12/5 東海大学
22 渡辺飛勇 WATANABE Hyu C 207cm/106kg 1998/12/23 ポートランド大
23 西田優大 NISHIDA Yudai SG 189cm/85kg 1999/3/13 東海大学
24 田中力 TANAKA Chikara SF 184cm/72kg 2002/5/4 横須賀市立坂本中
- フリオ・ラマスJulio LAMAS ヘッドコーチ - -