デイミアン・リラードが『デイム・タイム』を語る「あの瞬間に自分に言い聞かす言葉がある」

デイミアン・リラードが『デイム・タイム』を語る「あの瞬間に自分に言い聞かす言葉がある」

2020/04/10

デイミアン・リラード

「チャンスを生かすためにベストを尽くしてきた」

トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは、勝負どころで不可能を可能にするクラッチプレー、いわゆる『デイム・タイム』でチームを勝利に導いてきた。

今シーズンは58試合に出場し、平均プレータイム36.9分で28.9得点、7.8アシストを記録している。開幕第14週と15週には連続で西カンファレンスの週間最優秀選手に選ばれるなど、驚異的なパフォーマンスを続けていた。

そのリラードが『NBA Together』のインタビューに応じ、『デイム・タイム』について語った。

「僕はいつもあの瞬間に『勇敢にプレーするんだ』と自分に言い聞かせている。試合の時だけでなくて、日頃の練習やウエイトトレーニング、コンディショニング面でもハードにやっている。日頃のハードワークは自分が一番知っているからね。僕は完璧な人間ではないけど、与えられたチャンスを生かすためにベストを尽くしてきた。たとえネガティブな結果になっても、それ以上は考えないようにしている。ネガティブに引きずられるのではなく、いつだって『上手くいく』と考えることが大事だ」

リラード本人だけでなく、チームメートも彼の努力を知っているからこそ、勝負どころで彼を信頼しボール託す。新型コロナウイルスの影響によりリーグ戦は一時中断し、再開時期やそもそも再開するかも不透明な状況だ。それでも彼は来るべき勝負に向けて、今も心身ともに準備をしている。

1件のコメント

  • 佐保めぐみ 佐保めぐみ より:

    最後は気持ちで乗り越えているようですが、そこに至るまでにはやっぱり計り知れないほどの努力があるってことですね。一流選手のメンタルの保ち方を聞けるのは、スポーツをしていない人でも参考になるはずです。

RECOMMEND