クラブ担当イチオシのグッズ紹介[横浜ビー・コルセアーズ編]『海』や『横浜』をイメージさせるBOXロゴボーダーTEE

クラブ担当イチオシのグッズ紹介[横浜ビー・コルセアーズ編]『海』や『横浜』をイメージさせるBOXロゴボーダーTEE

2020/04/10

横浜ビー・コルセアーズ

新型コロナウイルスの影響によりBリーグの2019-20シーズンは中止となった。シーズン終盤戦に入り、ポストシーズンに向かって盛り上がりが過熱していくタイミングで試合がなくなったことで、選手はもちろんファンももどかしい日々を過ごしていることだろう。ファンがチームを支える方法が少なくなっている中、グッズ購入は『普段からクラブを感じる』意味でもお金の面でも一つの大きな選択肢となる。そこで各クラブのグッズ担当に協力を仰ぎ、チームの売れ筋&オススメグッズを紹介する。

横浜ビー・コルセアーズのグッズ部門を担当するのは、学生時代にアルバイトで楽天イーグルスの立ち上げに参加した経験を持つ佐藤克明さん。スポーツの現場で働きたいという思いから、bjリーグ最終年から横浜の大株主企業より出向にて運営に参加。「チームの考えや概念を具現化できるセクションはグッズしかない」という熱い思いを胸に抱き、グッズ部門を支えている。

BOXロゴボーダーTEEシリーズ

https://ec-b-corsairs.com/fs/bcor/BCPG2019-20-010

横浜の人気No.1アイテムは『BOXロゴボーダーTEEシリーズ』(¥3.200)。生地選びとボーダーのピッチ間隔にもこだわり、胸元のBOX部分がバスケットボール柄になっている。『海』や『横浜』をイメージさせるような雰囲気は試合のない日でも着たくなる一品だ。

佐藤さんは言う。「試合にはグッズを着て、来場してもらえるように作っています。会場に来てから着替えるのは煩わしいと思いますし、観戦の日は朝からこれを着ていこうと思えるものを作れば、その日を一日楽しんでもらえるのではないかと」

横浜ビー・コルセアーズ

B-CORSAIRS ミニバスケットゴール

https://ec-b-corsairs.com/fs/bcor/BCPT2019-20-005

佐藤さんの一押しグッズは『B-CORSAIRS ミニバスケットゴール』(¥2.000)だ。試合がなくても家の中で「ビーコル」を感じることができ、みんなでフリースローチャレンジをするなど、家族で楽しめるアイテムだ。

「緊急事態宣言が発令され、このご時世なので子供たちが家にいることが多く、家で過ごす時間が長いと思います。その中でビーコルのモノ使って家族で遊んでいただき、一日に一回でもビーコルを思い出してほしいです」

横浜では公式SNSの他に、グッズショップのInstagramアカウントも運営している。佐藤さん自らがライブも行い、商品のPRをしているという。「疑似製作会議みたいになりますね(笑)。『子供用のTシャツのデザインは前じゃなくバックプリントのほうがいいです』とか、お母様目線のコメントもいただけたり。そういった意見はありがたいです」

グッズショップのInstagram
https://www.instagram.com/b.corsairs.shop/

1件のコメント

RECOMMEND