レイカーズのダニー・グリーンが明かす盟友カワイ・レナードを抑える方法は「彼に自由を与えない」

レイカーズのダニー・グリーンが明かす盟友カワイ・レナードを抑える方法は「彼に自由を与えない」

2020/03/24

カワイ・レナード

「僕たちはカワイの強みを知っている」

クリッパーズのカワイ・レナードとレイカーズのレブロン・ジェームズは、間違いなくNBAトップクラスのプレーヤーだ。

そしてレイカーズのダニー・グリーンにとっては、レナードはスパーズとラプターズ時代のチームメートであり、レブロンは現在のチームメートである。

『ESPN』の番組に出演した際にレナードとレブロンの違いを問われたグリーンは「2人は本当に素晴らしいプレーヤー」と前置きした上でこのように語った。

「彼らには似ている部分がたくさんある。2人はいつだってハードに戦い、方法は違えど身体のケアを入念にやっていて、試合になれば常にチームを引っ張る」

そして、昨シーズンまでチームメートだったレナードの変化についても語った。「レブロンと比べたら、明らかにカワイは声を発さないタイプのエースだった。しかし、彼は昨シーズンから声を出すことを意識するようになり、今シーズンは今までになく声を出している。彼自身もそれを学んでいると言っていた。ただ、コートではレブロンの方がよりファシリテーターだね」

さらにグリーンは盟友レナードに対するディフェンスについて『Heavy』の取材で明かした。

「僕たちはカワイの強みを知っている。まずは彼をリズムに乗せないことだ。得意なポジションでプレーさせないためにも、彼に自由を与えないようにディフェンスするんだ」

言葉で言うのは簡単だが、レナードを抑えることには、どの選手も苦労している。しかし、グリーンは長年ともにプレーしただけあって、レナードのクセを理解しているのだろう。

リーグ戦中断前までの成績では、レイカーズが49勝14敗で西カンファレンス1位、クリッパーズは5.5ゲーム差の44勝20敗で同カンファレンス2位にいる。しかし両チームによる『LA対決』では、2勝1敗とクリッパーズが勝ち越している。

NBAのリーグ再開の目途は立っていないが、再開した際にはレイカーズのレナードに対するディフェンスに注目したい。

コメントを残す

RECOMMEND