川崎ブレイブサンダース、三河のハイパワーオフェンスを封じ込んで連敗ストップ

2017/12/09
Bリーグ&国内
161

文・写真=鈴木栄一

オン「1」の時間帯での守備の奮闘が決め手に

12月9日、川崎ブレイブサンダースがホームのとどろきアリーナでシーホース三河と対戦。第1クォーターから2桁のリードを奪うと、すべてのクォーターで先行する文句なしの内容で89-58と圧勝。連敗を3で止めることに成功している。

前日、壮絶な点の取り合いの末、99-104と惜敗してしまった川崎だが、今日は第1クォーターの残り約5分半、9-9の状況からニック・ファジーカスが連続得点。さらにジュフ・バンバが自らスティールしボールを持ち込んでの速攻でバスケット・カウントとビッグプレーが飛び出し、このクォーターで22-12と試合の主導権を握る。

第2クォーターに入っても川崎の勢いは止まらない。オン・ザ・コートの数で川崎の「1」に対し、三河は「2」とサイズのミスマッチが生じる中でも、鎌田裕也のディフェンスで踏ん張り失点を10に抑えると、前半を18点リードで終える。

第3クォーター、なんとか反撃の糸口をつかみたい三河は最初のオフェンスで金丸晃輔が3ポイントシュートを沈める。しかし、川崎はその直後に辻直人が連続3ポイントシュートを決める倍返し。付け入る隙を与えずそのまま余裕の勝利を収めた。

完全復活を印象付けた辻「思い切って打てている」

川崎の北卓也ヘッドコーチは、「昨日の負けから選手は切り替え、出だしから集中してやってくれました。昨日と違い思うようにシュートが入らない中、我慢しながら戦えたことが一番だと思います。そして、三河さんを58点に抑えたディフェンスが良かったです。昨日よりレベルを上げようと。リバウンドを集中してやってくれました」と堅守を勝因に挙げた。

12得点6リバウンド5アシストとオールラウンドな活躍を見せた辻直人は、「何としても連敗を止めようという気持ちがリバウンドとルーズボールに出ました。それがジワリジワリと効いた」と、連敗ストップに向けたチーム全員の強い気持ちが大きかったと語る。

また、辻個人でいうと、これで4試合連続で3本以上の3ポイントシュート成功、さらに5アシスト以上をマーク。サンロッカーズ渋谷、三河と強豪相手の4試合で平均18.5得点、6.5アシスト、3ポイントシュート成功率50%と見事な数字を残している。

「コンディションが良くなってきたことからシュートタッチも良くなり、思い切って打てています。それによって視野も広くなって、相手が止めにきたら空いている選手にパスを出せています」。こう語る辻が、ようやく本来の調子に戻ってきたことは、連敗ストップと同じく川崎にとって大きな意味のあることだ。

「こういう負けの後はすごくチームが変化する」

まさかの大敗を喫した三河の鈴木貴美一ヘッドコーチは、「川崎さんが最初からアグレッシブに来たことに対し、我々が最初から受けてしまいました。今日はシュートからディフェンスと、40分間全く良いところがなかったです」とシーズンに1度か2度あるかないかという噛み合わない試合だったと語る。

ただ、指揮官は同時に「我々が悪かったということよりも、川崎さんが良かったということを素直に認めないと成長しないです。今日は良いチームとやれて非常に良かったです」と、今日は川崎に力負けしたことを素直に認めた。

そして「去年の負けた悔しさをバネにやってきたのに、最近16連勝したことで受けに入ってしまった部分がありました。やはりアグレッシブに、常にチャレンジャー精神を持ってやらないと、こういうゲームになるということが明確に分かりました。そういう意味では、こういう負けの後はすごくチームが変化すると思います」と、この敗戦を良い薬にしてチームを向上させたいと締めくくっている。

これは本日、まさかの0得点に終わったエースの比江島慎も同じ考え。「今日は単に調子が悪かったです。今日は何もできなかったです。何も……」と自身のプレーについては言葉少なだったが、先週のアルバルク東京に続く強豪との対戦で得た経験は大きかったと語る。

「今までうまくいきすぎていたので、こういう試合を経験できたのも収穫です。この4試合で、僕らの力を試せると思っていました。やっぱり噛み合わない時にどういったプレーを展開していくのか、まだまだ出来上がってはいないです。強豪とやることで得られるものもありました」

来週は敵地での千葉ジェッツ戦とタフなスケジュールが続く中、連敗ストップで一息ついた川崎はもちろんのこと。敗れた三河にとっても『良薬は口に苦し』で、完敗だったからこそ課題が明確になった。両チームにとって実り多い試合となったのではないだろうか。