WCプレビューvol.13洛南(京都)大橋大空&津田誠人「負けず嫌いで切磋琢磨」

2017/12/14
プレーヤー
2265

取材・写真=古後登志夫 構成=鈴木健一郎

洛南の練習を見ていて、川崎ブレイブサンダースの辻直人が洛南出身選手の典型的な姿なのだと感じた。関西のノリ──。ウインターカップを前に練習の強度はかなり高いはずだが、おしゃべりと笑いが絶えない。ボケとツッコミでコミュニケーションが成り立っていると言えば言い過ぎかもしれないが、みんな楽しそうに、そして真剣にバスケの練習に取り組んでいる。夏のインターハイには出られなかったが、その分まで全国の舞台で自分たちの力を見せ付けたい。そんなフレッシュでストレートな野心をむき出しにする大橋大空と津田誠人に話を聞いた。

[INDEX]ウインターカップ2017プレビュー 出場校インタビュー

「一人ひとりの主張の強さがチームを強くしている」

──まずはそれぞれの自己紹介をお願いします。

大橋 4番の大橋大空です。洛南高校でキャプテンをしています。得意なプレーは速攻と中を生かすアシストパスです。今はチームのキャプテンとしてまず声を掛けて、チーム全体を盛り上げることを意識してやっています。それはウィンターカップでも出していけたらなと思っています。

津田 6番の津田誠人です。僕は身体能力を生かしたオールラウンドなプレーが得意です。試合で点数を取らないといけないので、速攻であったりリバウンド、地道なプレーを最近頑張るようにしています。

──京都府予選で東山を破ってのウインターカップ出場となります。

大橋 東山は留学生も周りの選手もとてもうまいのですが、吉田先生の考えもあってそこに対するディフェンスやオフェンスがうまくできたので、正直やっていて負ける気はしなかったです。レベルが高いかどうかは分かりませんが、プレーしてて余裕もありました。

津田 僕も大橋と一緒で、そんなに負ける気もしていなくて。それでも、そこで満足したらダメだと思っています。去年も試合で使ってもらっていて、他のチームとの練習試合や国体の試合で外国人選手につくことも多かったので、留学生とマッチアップするのも回数を重ねるごとに慣れてきました。経験が抑えられる自信になったと思います。

──練習を見ていると、みんなよくしゃべってボケて、関西人の雰囲気だなあと思いました。面白いけど、キャプテンとしてはまとめるのが大変なのでは?

大橋 洛南高校は伝統のある高校なんですけど、実際周りから見るのと少し違って、おっしゃる通りみんな楽しくバスケをしています。でも、みんな負けず嫌いで、練習の中でも切磋琢磨をすごくするので、それがレベルアップにつながっているんじゃないかなと思いますね。「ファウルやろ!」とか「そこ、お前なんで付けへんねん」やったり、そういう一人ひとりの主張は強いです。でも、それがチームを強くしていると思うので、僕はそこを大事にしていきたいです。

津田「僕が走ったところに放ってくれる感じ」

──2人は小学校から一緒にバスケをしていると聞きました。

津田 ミニバスからなので9年間一緒にやっています。僕が走ったところに放ってくれる感じです。飛んだら来るみたいな。

大橋 長くやっているので、やりたいことは分かりますね。

──お互いの良いところと、直してほしいところを教えてください。

大橋 津田の良いところは、持ち前の身体能力とジャンプ力でアグレシッブにプレーできるところです。あとは、みんな分からないかもしれないですけど、チームメートの誰かがミスをしたりした時に結構声掛けするんですよ。僕も結構されるんですけど、そういうところです。あまり気づかれないんですけど(笑)。直してほしいところは、さっきチーム全員の我が強いことは良いことだと言ったんですけど、プレーの中でそれはうまく行かないじゃないですか。自分が点を取るんだという気持ちが強すぎて空回りしちゃうことがたまにあります。でもそれも彼の良いところなので。良い感じにまとめてくれたらなと。

津田 大橋の良いところは明るい性格もあって、試合で逆転されそうな時もいつも声を出すことです。僕も「ヤバい」と思った時に大橋が声を出してくれて、「ここで頑張らな」と思って頑張る時があります。あとは気持ちの強さです。他のガードはあまり自分でシュートに行こうとしないのですが、大橋は自分が行けたら取りたいタイプで、ゴール下まで行っちゃうので、その気持ちの強さがすごく良いです。直してほしいところは……こいつも気持ちが強すぎてたまに空回りしちゃう時があります。

──ケンカすることは?

津田 中学の時は、まあ(笑)。

大橋「プレーヤーとしての自分の名を残したい」

──ウインターカップへの思いを聞かせてください。

大橋 僕はミニバスからずっとそうなんですけど、全ミニにも全中にも出場できませんでした。選抜でしか全国を経験していないんです。自分らの代で初めて高校になって全国に出れるということになって、プレーヤーとしての自分の名を残したいというか、そういう思いがあります。自分が全国で今どれくらいやれているか、それを証明したいと思います。

津田 全部言っちゃったよ(笑)。ミニバスも中学も惜しいところまで行って全国を逃すことが多かったんです。去年は東山に勝てなかったですけど、ギリギリのところで負けて出れなくて、全国で自分たちの力を試すことができませんでした。だから今回こそは、です。

──今年の国体では東山との合同チームで優勝していますね。

津田 選抜で留学生が入ってくると僕たちも活躍できるんですけど、自分たちの力で勝ってる気がしなくて。初めて自分たちのチームで全国の舞台に出るとなったので、今回の大会に対する思いはすごく強いです。