レイカーズが兄弟でのプレーを望むヤニス・アデトクンボと契約する可能性は?

レイカーズが兄弟でのプレーを望むヤニス・アデトクンボと契約する可能性は?

2020/02/21

ヤニス・アデトクンボ

弟のコスタスはレイカーズと2ウェイ契約中

東カンファレンス首位を走るバックスを牽引するヤニス・アデトクンボは2021年にフリーエージェントになる。

大方の予想ではバックスとスーパーマックス契約を結び残留するとされ、彼の代理人も先日行われたインタビューの中でバックスに残る可能性が高いことを認めた。

しかし、ヤニスが他球団と契約を結ぶ可能性はゼロではないだろう。もし今シーズンにバックスがファイナルに進出できなければ、新天地でのプレーを希望するかもしれない。彼がフリーエージェントになるまでは何が起きても不思議ではないのだ。

ヤニスは先日のインタビューでいつか兄弟で同じチームでプレーしたいとコメントした。ヤニスには同じバックスでプレーする兄サナシスと、レイカーズと2ウェイ契約を結び主にGリーグでプレーする弟コスタスがいる。

「現実になったら素晴らしいね。一緒に過ごす時間も増えるだろう。母親は間違いなく大喜びするはずだ。バックス、レイカーズ、どこになるかは別として、同じチームでプレーできたらすごいことだ」

獲得を狙っているのはもちろんレイカーズだけではないが、弟のコスタスが所属していることは交渉の際アドバンテージになる。コスタスの契約は今シーズンで切れるため、再契約してヤニスとの交渉のカードとして使いたいところだ。

しかし、レイカーズがヤニスと契約するには財政面で大きなハードルがある。チームは既にアンソニー・デイビスとレブロン・ジェームズに高額の年俸を払っており、大型契約を結べる余裕はない。どちらかに年俸カットを受け入れてもらうしかなく、2021-22年シーズンに36歳になるレブロンに金銭的な犠牲を払ってもらうしかないだろう。

ヤニスの発言におそらく深い意味はないが、インタビューを観たレイカーズファンはヤニスがレブロン、デイビスとコートに立っている姿を想像したのではないだろうか。

RECOMMEND