アメリカ代表候補にセルティックから5選手、マーカス・スマート「認められてうれしい」
NBA&海外
2020/02/12

セルティックス

ジェイレン・ブラウン「ワールドカップのリベンジを」

先日発表された東京オリンピックに向けた男子アメリカ代表最終候補44人に、セルティックスからマーカス・スマート、ケンバ・ウォーカー、ジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウン、ゴードン・ヘイワードの5人が選出された。

セルティックスから5人も最終候補に選出されたことについてスマートは、「チームが好調であること、それに加えて僕ら一人ひとりが個性を発揮している結果だとと思う。プレーを通じて認められてうれしい」とコメントした。オリンピックに出場することについては「国のためにプレーするのは名誉なこと。僕にとっては子供の頃からの夢だ」と話す。

セルティックスから選出された5人のうち、ヘイワードを除く4人は昨夏のワールドカップ出場メンバーだ。絶対的な優勝候補に挙げられながら準々決勝でフランスに敗れた悔しさを、彼らはまだ抱えている。ブラウンは「中国で味わった敗北のリベンジをしなきゃいけない。キャリアで成し遂げなければいけないことの一つだし、絶対に実現させたい」と語る。

ヘイワードは昨年のワールドカップには参加していないが、リオ五輪に出場した経験がある。大ケガを乗り越えて再び代表でプレーすることに強い意欲を抱いているに違いない。

『チームUSA』の最終ロスター12人は、6月上旬に発表される見込みだ。

Recommend