どうなる新生ニックス? クリスタプス・ポルジンギスはパワーフォワードでの起用を好む「4番の方ができることが多い」

2017/10/06
NBA&海外
30

写真=Getty Images

ビッグマンとしても起用できるがケガに弱い部分が難点

カーメロ・アンソニー問題に決着をつけたニックスは、今後はクリスタプス・ポルジンギスを中心とするチーム作りにあらためて着手し、再びプレーオフ進出を目指すこととなる。そのポルジンギスは221cmというサイズだけでなく、スキルにも秀でるオールラウンダーだ。サイズ的にはセンターだが、本人はパワーフォワードでの起用を好むと『New York Daily News』に語った。

「自分が4番でプレーして、相手の4番がシュートを打たないタイプの選手なら、いろいろなことができる」とポルジンギスは主張する。センターでのプレーについては「もし5番でプレーすると、相手のビッグマンと競り合ったり、体力を消耗してしまう。オフェンス的なことを言えば僕に分があるけれど、4番でのプレーの方が快適にやれる」と語った。

アンソニーもニックスに在籍した際は、パワーフォワードではなくスモールフォワードでの起用を好んだ。当たり負けしない屈強な身体を手に入れればセンターでの起用も考えられるが、これまでのキャリアを見る限り、ポルジンギスはケガに強いタイプではない。本人もそのことを分かっているからなのか、「4番の方がサイズが小さいから、僕なら頭上越しにシュートを決められる。相手の4番がシューターでなければ、リムを守ることにも集中できる」と言う。

幸い、ニックスにはジョアキム・ノア、エネス・カンター、ビリー・エルナンゴメス、そしてカイル・オクインもセンターで起用できるため、今のところポルジンギスを5番で出場させる必要はない。

ただ、4番でプレーすることが『逃げ』であってはならない。どのポジションでプレーするにしても、ケガに弱いという課題は克服する必要がある。相手チームがディフェンスの際にビッグマンをぶつけてきても跳ね返すくらいの力強さを手に入れられれば、手の施しようがなくなる。

当然、ポルジンギスもそれは理解しているだろう。まずは今シーズン開幕後、ニックスがポルジンギスをどのポジションで起用するのかに注目したい。