ジミー・バトラーがドウェイン・ウェイドを擁護「もしブルズの若手が勝利を欲する彼を批判したのなら、それは深刻な問題」

2017/08/29
NBA&海外
1357

写真=Getty Images

若手がウェイドを批判したという噂にバトラーが反論

ブルズとの契約バイアウトに向けた交渉が間もなく始まると報じられたドウェイン・ウェイド。ブルズの若手には、大ベテランであるウェイドを煙たがる意見があると噂される。昨シーズン中からウェイドは、メディアの前で若手の姿勢について苦言を呈してきた。これをきっかけに若手がウェイドに嫌悪感を抱くようになったと言われている。

この噂を伝え聞いたジミー・バトラーが口を開いた。

この夏にブルズからティンバーウルブズに移籍したバトラーだが、彼もウェイド同様に勝利に対する意識が低いブルズの選手をメディアの前で批判していた一人である。

『Chicago Sun-Times』との電話インタビューに応じたバトラーは「きっと若い選手の中には、ウェイドと同じように僕に我慢がならなかったり、僕を嫌う連中もいるのだろうね」と答えた。「それならそれで構わない。僕は今も毎日幸せな気持ちで目が覚めるからね。ドウェインも一緒さ。彼には素晴らしい家族がいて、他人の意見なんかよりも気にかけないといけないことがたくさんある。ただし、もし試合に勝ちたい彼を嫌う選手がいるのだとしたら、それは深刻な問題だよ」

バトラーの意見は的確だ。勝つ意識のないチームに未来はない。ウェイド退団後は、バトラーとのトレードでティンバーウルブズから獲得したザック・ラビーンらが中心になり、ブルズは数年かけてチームの若返りを図る。再建に向け舵をきった以上、チームが再び強さを取り戻すまで時間はかかるだろうが、そこに『勝ちたい』という強い意志がない限り、どれだけ待ったところで成功は訪れない。

もしこの噂が本当なら、本当にブルズは深刻な問題を抱えたチームとして認識されてしまう。バトラーを放出し、ウェイドも退団してしまえば、緩んだチームを引き締めてくれる存在は、もういないのだから。