川崎ブレイブサンダースは大東文化大学と練習試合を実施、完勝を収めるも北卓也ヘッドコーチは「まだまだですよ」と苦笑い

川崎ブレイブサンダースは大東文化大学と練習試合を実施、完勝を収めるも北卓也ヘッドコーチは「まだまだですよ」と苦笑い

2017/08/25 07:20

文=丸山素行

ディフェンスに課題を残すも堂々の『横綱バスケ』を展開

8月24日、アーリーカップを次週に控える川崎ブレイブサンダースが大東文化大学と練習試合を行った。

川崎はアジアカップを戦った篠山竜青が不在ながら、ニック・ファジーカスやジョシュ・デービスなど外国籍選手も合流し、主力メンバーがほぼ顔を揃える布陣。序盤から辻とファジーカスのピック&ロールが効果的に決まる。ファジーカスが高確率で外角のシュートを沈め、藤井祐眞がゲームをコントロールし、川崎が最初の10分を制した。

その後もジュフ・バンバのランニングプレーや、谷口光貴のアウトサイドシュートなど川崎のストロングポイントが目立つ展開に。またチームに合流して間もないジョシュ・デービスがフィジカルの強さを生かしてポストからの1対1で得点を稼げば、同じく新加入の小澤智将も攻守に高いパフォーマンスを見せた。

大学生チームが相手ということもあり、ディフェンスではソフトな時間帯も多く見られたものの、それでも要所を締めた川崎が4本の10分ゲームをすべて上回った。

多くの指示を出すことなく戦況を見守っていた北卓也ヘッドコーチは「学生相手に楽にシュート打たれていますから、まだまだですよ。0点に抑えてほしいくらいです」とディフェンス面に渋い顔。

ジュフ磨々道の引退に伴い帰化選手がいなくなったことで「オン・ザ・コート1の時間帯にどう戦っていくか考えている最中です」と話し、新シーズンの戦い方は模索中だという。それでもデービスについては「リバウンドも強いです。オフェンスではボールハンドリングも良く、ボールをプッシュできるので、そこから良い展開が生まれればと見ています」と、新しい風に期待を寄せている。

1週間後のアーリーカップで新チームの『試運転』

来週のアーリーカップについて「メンバーも新しくなっていますので、何が強みでどうチームにフィットするのかを見たい。自分たちの伸びしろや共通認識などを試したいです」と意気込む。

今回の試合で気になったのが辻の疲労ぶりだ。試合中も交代で下がる時には肩で息をして、ベンチでは足のマッサージを受けていた。コンディション不良かと思ったが、本人は「良い感じで追い込めています」と強度の高いトレーニングからくる疲労だと話し、ポジティブなことだと説明してくれた。このオフはケガに泣いた昨シーズンの教訓を生かすべく、肉体強化に取り組んでいるという。代表に呼ばれなかった分、十分な休養と充実したトレーニングを行い、身体が強くなっていることを実感しているようだ。

まだ連携に難がある状況だが、関東大学リーグ1部のチームに完勝した川崎。アーリーカップで試行錯誤を行い、開幕に標準を合わせる。

RECOMMEND