NBAウィザーズがシーズンイン、八村塁は「今は経験できることを楽しんでいます」

2019/10/01
NBA&海外
8105

八村塁

NBAの各チームが続々とシーズンインする中、ウィザーズも始動日を迎えた。注目の八村塁もメディアデーの取材に対応。ワールドカップが行われた中国からアメリカに戻ってウエイトトレーニングをみっちり積んだという八村は、「僕の好きなカラーだし、すごくカッコいいです」というウィザーズの真新しいユニフォームを着て、プロ選手として初めてのインタビューに応じた。

メディアデーの取材対応で「これから面白くなる」

──新シーズンで自分自身に期待することは?

このチームの一員でいられることがうれしいし、とても良いチームだと思っています。オフェンスでもディフェンスでも、チームの役に立ちたい。チームの勝利に貢献したいし、プレーオフ進出にも貢献したいです。

──アメリカに戻ってからの練習で、チームメートから学んだことは?

とにかくチームのことが好きで、みんなと一緒にいるのが楽しいです。みんな良い人ばかりで、全員が本当にバスケットボールを好きでやっています。ブラッド(ブラッドリー・ビール)はスーパースターでありながら人間としても素晴らしいし、彼の良いところを見させてもらっています。選手としてはもちろん、素晴らしいリーダーシップを持った選手でもあります。そういう部分を学ばせてもらっています。

──1年目の現実的な目標は?

とにかくチームに貢献したいです。昨シーズンと比べると新チームになったようなものですし、とにかく毎試合でハードにやって、プレーオフ進出に貢献したいです。

──ドラフトで指名される前の時点で、これだけ騒がれると予想していましたか?

代理人から「これからすごいことになる」と言われていましたが、こんな状態になるなんて考えてもみませんでした。少し前に日本に帰国したら、自分がポスターやテレビに映っていて、クレイジーなことになっていましたね。でも、とてもうれしかったです。僕自身、家族、日本のバスケットボール、日本全体にとって意味のあることだとも思いました。これから面白くなるでしょうし、来年はオリンピックもあります。楽しみですね。

──自分のプレーで一番高く評価している部分、今現在取り組んでいる部分は?

基本的には何でもやれる選手だと思っています。守備では自分より大きなビッグマンにも、自分より小柄なポイントガードにも対応できるし、攻撃ではポストアップも、ドライブも、シュートもできます。ただ、これからもレベルアップしたいです。大学からNBAでプレーするようになって、サマーリーグでもプレーしましたが、いろいろなことが違います。もっと慣れないといけないし、上達しないといけないと思っています。

「ここで成長して来年の日本代表に貢献したい」

──大学レベルからFIBA、そしてNBAに対応するのに必要なことは?

大学では、バスケットボール以外にも学業があります。今はバスケットボールが仕事で、自分にとって好きなことでもありますが、違う部分も多いので、そういったところを学んで、レベルアップさせないといけないです。

──ご家族は大学時代の試合を見ていた? NBAでプレーすることに興奮しているのでは?

大学時代は、何度かアメリカまで試合を見に来てくれました。NBAでの初戦も見たいと言ってくれています。家族が見に来てくれるのはうれしいし、両親も兄弟も喜んでくれています。

──そう遠くない将来に、オリンピックの顔になる。今までそれに近い経験をしたことは?

今はNBAでの1年目に集中しています。もちろんオリンピックも楽しみにしています。だからこそ今シーズンは重要で、ここで成長して来年の日本代表に貢献したいですね。

──知名度も上がった今、バスケットボールだけにどうやって集中していきますか?

CMに出演したり、メディアに露出してもいますが、自分はバスケットボールが好きなんです。とにかくプレーするのが好きだし、試合を見るのも、バスケットボールのゲームも好きだし、コートでシュート練習をするのも好きだし。ただただプレーしている時が楽しくて、プレーしている時は他のことを忘れてしまうくらい。今は経験できることを楽しんでいます。

──プレーオフ進出は、チームとしての目標? それとも個人としての願望?

もちろんチームとしての目標でもありますし、個人の目標でもあります。チームを作り始めている段階ですが、優秀な選手が集まっていますし、楽しくやれています。毎日エネルギーをもらえていて、競い合えています。プレーオフに勝ち進みたいですね。