バスケ日本代表『THE FOCUS』、ニック・ファジーカス「ベストを尽くすだけ」

バスケ日本代表『THE FOCUS』、ニック・ファジーカス「ベストを尽くすだけ」

2019/08/31

ニック・ファジーカス

「試合に出る時は自分自身が自信を持ってやろう」

21年ぶりにバスケワールドカップへの出場を自力でつかんだ日本代表。ワールドカップアジア予選で開幕4連敗を喫した際には崖っぷちに立たされていた。強豪オーストラリアとの一戦の直前に帰化したニック・ファジーカスは、このオーストラリア戦でチーム最多の25得点を挙げて日本を勝利に導いた。

そんなファジーカスが日本代表にもたらしたものは、得点力だけではない。川崎ブレイブサンダースでもチームメートの篠山竜青は「自分たちがやるべきことをやったら勝てるかもしれないというメンタルを含めて、自信をもたらしてくれた」と言い、馬場雄大も「ニックが一番最初にチームに合流した時に『オーストラリアは俺がいる日本を倒していない』と言っていて、それを聞いた時に本当にすごいなと思った」と言うように、チームメートに自信を植え付けた。

日本代表が4連敗を喫したことで、暗い雰囲気が漂ったチームを鼓舞したのがファジーカスだ。ファジーカスが入る前の日本代表には「リーダーとなれる選手がいなかった」と客観的に代表チームを見て感じていた。ファジーカス自身も「僕はリーダーだと思っている」と言い、まずは「試合に出る時は自分自身が自信を持ってやろう」という気持ちで挑んでいる。チームのリーダーが自信を持ってプレーをすれば、自ずと他の選手もついてくるものだ。

プロとしての経験が長いファジーカスもワールドカップに出場するのは始めてだ。アメリカで生まれ育ったファジーカスが日本代表として、アメリカ代表と試合をすることは特別な感情があるに違いないが、それでも試合では「ベストを尽くすだけ」だと言う。

日本代表の大黒柱としてファジーカスが精神面でもチームを引っ張り、世界の強豪を相手にワールドカップでも日本に勝利をもたらしてくれるに違いない。

RECOMMEND