デマーカス・カズンズ負傷により駒を失ったレイカーズ、代役はジョアキム・ノア?

2019/08/16
NBA&海外
10561

ジョアキム・ノア

グリズリーズでの昨シーズンに復活の兆し

デマーカス・カズンズが練習中に左膝前十字靭帯を断裂する重傷を負い、2019-20シーズン全休が濃厚となった中、彼が所属するレイカーズはその代役を早急に確保しなければならない。

アンソニー・デイビスとカズンズにインサイドを任せるのが、レイカーズのもともとのプラン。そのカズンズがプレーできなくなった以上、先発を担うだけの実力を持つ代役が必要だ。だが、8月も中旬に入り、実力と実績の揃ったビッグマンはほぼ契約先が決まっている。カズンズのケガに頭を抱えているのは、本人だけでなくレイカーズも同じということだ。

そんな状況で有力な候補の一人と見なされるのがジョアキム・ノアだ。2014年に年間最優秀守備選手賞に輝き、オールNBAファーストチーム、オールディフェンシブ・ファーストチーム入りも果たしたノアは、まだ契約クラブがない。

ノアの全盛期は、前述した個人賞を獲得したブルズ時代だ。その後は度重なるケガによりピークは過ぎたものの、グリズリーズに所属した昨シーズンは42試合に出場して平均7.1得点、5.7リバウンド、2.1アシストを記録するなど、復活を予感させるパフォーマンスを見せた。

カズンズが抜けた穴を埋めるのは難しいとしても、ノアがレイカーズに加われば、大きな戦力になる。優勝を狙うレイカーズがカズンズの代役として誰を獲得するのか、その動向に注目だ。