バスケ界の期待、鈴木大地長官がチームを激励「東洋の魔女のように日本を一つに」

2019/07/30
日本代表
4262

ティップオフパーティー

三屋裕子会長、鈴木大地長官がチームを激励

今夜、都内にて『日本一丸 Tip Off Party』と題されたパーティーが開催され、3人制と5人制それぞれ男女の代表チームを象徴する選手が登場した。日本バスケットボール協会の三屋裕子会長は「我々も一緒に汗をかき、選手の環境を作り、選手たちがコート上で輝けるように支援していきたい。ともに選手たちをバックアップしていただけることをお願い申し上げます」と、参加者に投げかけた。

5人制の男子日本代表がワールドカップ出場権を勝ち取るターニングポイントとなったオーストラリア戦を観戦したというスポーツ庁長官の鈴木大地も登場。「昨年の今頃、男子バスケは別の意味で話題を振りまいてくれた」とブラックジョークを挟みつつも、「よくこの1年でここまで立て直した。1964年に東洋の魔女が日本を一つにしたように、来年は男子のバスケ、女子のバスケがそれを果たしてくれるのではないかと期待している」とスピーチした。

ティップオフパーティー

5人制と3人制、男女の垣根を超えた交流会に

今回のイベントは2部構成となり、第1部には篠山竜青(5人制男子日本代表)、髙田真希(5人制女子日本代表)、落合智也(3x3男子日本代表)、馬瓜ステファニー(3x3女子日本代表)の4人が登場。一つひとつのテーブルを回り、参加者との交流を楽しんだ。

交流を終えた髙田は「注目を浴びているしたくさんの方に応援していただいていることが身に染みて分かった。もっと頑張らないと」と、あらためて気を引き締めた。

第2部には、本日発表された5人制の男子代表候補選手16名、ヘッドコーチのフリオ・ラマスが登場。朝から取材が続くハードスケジュールも疲れを見せず、参加者との写真撮影に応じ、労いの言葉をかけられ笑顔を見せた。

5人制の男子日本代表は約1カ月後にワールドカップを控え、5人制の女子日本代表もアジアカップ4連覇への挑戦が始まっている。日本バスケット界はかつてない盛り上がりを見せているが、このままの勢いを継続し、1年後に迫った東京オリンピックを迎えてほしい。