千葉ジェッツに3人目の外国籍選手206cmのビッグマン、ニック・メイヨを獲得

2019/07/19
Bリーグ&国内
5033

ニック・メイヨ

イースタンケンタッキー大学で4シーズンプレー

千葉ジェッツは今日、新たな外国籍選手としてニック・メイヨと2019-20シーズンの契約に至ったことを発表した。

メイヨは、アメリカ出身の22歳。ポジションはパワーフォワードで身長206cm。イースタンケンタッキー大学で4シーズンプレーをした経験の持ち主だ。

メイヨはクラブを通して次のコメントを発表している。「私のプロバスケットボール選手としてのキャリアを日本で、千葉ジェッツふなばしでスタートさせる事を皆さんにお知らせすることにとても興奮しています!この機会を得られたことを感謝しています。千葉ジェッツのチャンピオンシップ優勝に貢献するために、チームに合流しベストを尽くすことが待ち切れません!」

千葉はジョシュ・ダンカンとギャビン・エドワーズの残留をすでに発表している。速いバスケットを展開する千葉にとって『走れるビッグマン』は大きな補強になる。初めてのプロとしてのキャリアを日本で踏むメイヨが千葉のバスケットをどれだけ理解し、チームと上手くフィットできるかが注目される。