ラッセル・ウェストブルック、クリス・ポールとのトレードが決まりロケッツへ移籍

2019/07/12
NBA&海外
9324

ラッセル・ウェストブルック

ポール・ジョージ移籍の余波で超大型トレードが成立

サンダーとロケッツの間で大型トレードがまとまった。『ESPN』によれば、ラッセル・ウェストブルックがロケッツに行き、ロケッツからはクリス・ポールとドラフト1巡目指名権2つ、また指名権交換権が2つが譲渡される。

サンダーでは先日、カワイ・レナードの勧誘に応じる形でポール・ジョージのクリッパーズ移籍が決まっていた。このトレードが結局はチーム再建の第一歩となり、その翌週にウェストブルックも去ることになった。クリス・ポールが加わりはするが、チームの顔であったウェストブルックを手放したことで、チームは再建に入ることになりそうだ。

ロケッツ側の事情としては、エースのジェームズ・ハーデンとポールのバスケット観の食い違いから生まれる折り合いの悪さがあった。もっとも、それはハーデンとウェストブルックのデュオについても変わらないだろう。ハーデンとウェストブルックはどちらも超攻撃的プレーヤーであり、我の強いエースでもある。特に2人が同時にコートに立った際にディフェンスのバランスをどう取るかは相当に難しいことが予想される。

それでも、今のNBAで最高のスコアラーであるハーデンと、『ミスター・トリプル・ダブル』ことウェストブルックのデュオは、オフェンス面での魅力はNBA歴代最強クラスと言っても差し支えない。ハーデンはこれまでも「分かっていても止められない」存在だったが、相手ディフェンスはまず強力なボールプッシュから強引に仕掛けてくるウェストブルックを警戒しなければならない。互いに負担をシェアすることで、すさまじい爆発力が見られそうだ。

このところのロケッツは常に優勝を狙えるチームでありながら、直近5シーズンのうち4度、ウォリアーズに阻まれてNBAファイナルへと進出できていない。それでも来シーズンのウォリアーズは、ケビン・デュラントが退団し、クレイ・トンプソンも欠く状況。西カンファレンスを制し、NBA優勝を勝ち取る大チャンスを前にして、ロケッツが大勝負に出た。