レブロン・ジェームズ、レイカーズに加入したアンソニー・デイビスに23番を譲渡

2019/06/28
NBA&海外
11897

レブロン・ジェームズ

新たな相棒に快適にプレーしてもらうための心配り

まだ正式発表はされていないが、レイカーズはペリカンズとの大型トレードでアンソニー・デイビスの獲得に成功した。レブロンは、ともに優勝を目指すオールスターを迎え入れるため、愛着のある23番をデイビスに譲るようだ。

デイビスは1年目から23番のジャージーを着用。レブロンもキャバリアーズ時代に23番を着け、レイカーズに移籍しても番号を変えなかったが、新天地でのチャレンジに挑む相棒に少しでも快適にプレーしてもらうため、番号を譲ることにしたのだろう。

とはいえ、実績では今のNBAでレブロンが圧倒的に上。本来であれば23番を譲る必要はないのだが、それをやるところにレブロンの人間性、自分よりもチームを優先する精神が表れている。

となると、新シーズンからレブロンが何番のジャージーを着るのかが気になるとおろ。ヒート時代にはアメリカ代表での番号でもある6番を選んだ。6番はランス・スティーブンソンが昨シーズンに着けていた番号だが、同選手はオフにフリーエージェントになるため空く。

レイカーズの永久欠番は、8と24(コービー・ブライアント)、13(ウィルト・チェンバレン)、22(エルジン・ベイラー)、25(ゲイル・グッドリッチ)、32(マジック・ジョンソン)、33(カリーム・アブドゥル・ジャバー)、34(シャキール・オニール)、42(ジェームズ・ウォージー)、44(ジェリー・ウェスト)、52(ジャマール・ウィルクス)。

トレードの正式発表とともに、レブロンの新背番号の発表も楽しみだ。