B.LEAGUEスタンプが夢をかなえます! 中学校の女子バスケ部を篠山竜青が熱血指導

2019/06/26
Bリーグ&国内
4650

ドリームキャンペーン

「篠山選手にバスケ部を指導してほしい」という夢を実現

6月某日、川崎ブレイブサンダースの本拠地とどろきアリーナからほど近い場所にある中原中学校の体育館は、なにやら盛り上がっていました。女子バスケットボール部が練習中ですが、みんなソワソワ。2階のバルコニー部分にはデジカメを構える保護者の方がいっぱい。

そうです、今日はB.LEAGUEスタンプの『ドリームキャンペーン』の実施日なのです。希望する選手と「その選手とかなえたい夢」を投票。当選者の夢をかなえてくれるブッちぎりの企画です。今回、見事に当選したのは中原中の女子バスケ部の部長。親友同士の部長とキャプテン、3年生が3人だけでチームを引っ張る彼女たちが『篠山竜青選手に指導してほしい』という夢をかなえるため、川崎ブレイブサンダースのキャプテンにして日本代表のポイントガードが中原中学校にやって来ました!

控室でスタンバイする篠山選手、参加選手が誰なのか部員には伝えられていないと聞いて「篠山が登場して喜んでもらえるかな」と少々不安そうでしたが、部員全員の「よろしくお願いします!」の元気な声で迎えられ、自己紹介での「僕のこと知ってる人」、「川崎の試合を見に来たことがある人」にいっぱい手が挙がるのに気を良くして指導開始です。

ドリームキャンペーン

声を出して盛り上げる、篠山のバスケット指導

部長が教えてほしいのは「シュート」、「ディフェンス」、「1対1」と聞いて、篠山選手は部員全員にミドルレンジからのキャッチ&シュートを打たせつつ、気づいたところを指摘していきます。「足の置き方」、「手首の返し」など基本的なことですが、篠山選手の言葉とあれば効果満点。プロ選手を前に部員たちが最初は固くなっていたのもありますが、次第にシュートが入り始め、篠山選手に乗せられる形で声も出るようになってリズムも良くなってきます。

続いてはディフェンスの練習。篠山選手はまず「バスケはオフェンスが有利。全部止めようと思っても無理なので、できるだけ良い形を作らせないこと」と心構えを語り、ボールを奪うのではなくゴール方向に進ませないディフェンスの練習を指示します。「守る時はサイドラインもエンドラインも味方。そちらに追い込もう」というのがアドバイス。「コンタクトしよう」と練習から試合のように激しく当たることも指示して、体育館の熱気がアップしたところで、オフェンス側の選手も仕掛けるように。これで「1対1」の練習になりました。

こうして、限られた時間の中でスキルというよりも意識面でのアドバイスを数多くした後は、上級生を中心に篠山選手も入っての5対5を行い、指導は終了。最後の挨拶で、部長とキャプテンから手作りのミサンガがプレゼントされると、篠山選手は「ワールドカップではこれを着けてプレーします!」と宣言。大いに盛り上がった中で、見事に夢は実現しました。

ドリームキャンペーン

「本物は150ぐらいカッコ良かった!」

今回の『ドリームキャンペーン』の当選者は部長(写真左)。自分の個人的な夢ではなく、チームとしての夢をかなえた彼女は「すごく良い経験になりました。下級生を含めてチームのみんなが刺激を得られたと思うので、本当に感謝しています」と感想を語ります。ちなみに彼女によれば、実際に会った篠山選手は「最初に思っていたカッコ良さが100だとしたら、本物は150ぐらいカッコ良かった」とのこと。

またキャプテン(写真右)は篠山選手について「プロバスケットボール選手に教えてもらうので最初は緊張しましたが、会ってみたらお茶目なところもあって、すごく良い練習ができました」とこちらも笑顔。2人に限らず、バスケ部員がみんな揃って篠山選手の魅力にハマってしまったようで、これを読んでニンマリする篠山選手が目に浮かびます。

というわけで、川崎で行われた『ドリームキャンペーン』は大成功。バスケで夢をかなえるって本当に良いですねえ!