太っ腹のグレッグ・ポポビッチ、敵地の飲食店で5000ドルものチップを支払う

太っ腹のグレッグ・ポポビッチ、敵地の飲食店で5000ドルものチップを支払う

2017/04/27

写真=Getty Images

会計に対し約7倍のチップを支払ったレシートの画像が流出

スパーズの指揮官グレッグ・ポポビッチは、一見すると強面に見られるが、選手やチームスタッフを第一に考える人格者で、メディアをジョークで笑わせるお茶目な一面も持っている。

そんなポポビッチが、気前の良さを見せたことが話題となっている。しかも、地元サンアントニオではなく、敵地でだ。

先週、グリズリーズとのプレーオフ1回戦のためメンフィスに滞在したポポビッチ。4月21日に地元のレストラン『McEwen』で食事をした際、815ドル(約9万円)の会計に対し、サービス料として5000ドルのチップを支払った。

インターネット上に流出したレシート画像を『TSN Radio Vancouver』がTwitterに投稿した。

たしかに、『Tip』欄には5000ドルの文字、署名欄には『Gregg Popovich』と書かれている。同店オーナーは『mySA.com』の取材に対し、「ポポビッチ・コーチは過去に何度か当店でお食事をされています」とだけ返答している。

グリズリーズとのシリーズは、22日にサンアントニオで行なわれた第5戦に116-103で勝利したスパーズが対戦成績を3勝2敗とし、勝ち上がりに王手をかけている。もし第6戦が行われる27日に同店で再び同姓同名の人物が食事をしたことが分かれば、それは祝勝の宴ということだろう。

RECOMMEND