八村塁がまた快挙達成、USBWAオールアメリカン・ファーストチームに選出される

2019/03/19
NBA&海外
8704

八村塁

写真=Getty Images

NBAドラフトの注目候補とともに選出される

ゴンザガ大3年生の八村塁が、全米バスケットボールライター協会(USBWA)が選ぶオールアメリカン・ファーストチームに選出された。

八村は、3年目の今シーズンに平均20.6得点、6.7リバウンド、フィールドゴール成功率61.3%、3ポイントシュート成功率46.7%、フリースロー成功率75.3%というスタッツを記録し、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1のウェストコースト・カンファレンスでの16戦全勝という戦績に大きく貢献。今回のファーストチーム選出に加えて、昨シーズンに続いて今シーズンもオール・ウェストコースト・カンファレンス・ファーストチームに選出されており、他にもウエストコースト・カンファレンス年間最優秀選手賞、『Sporting News』が選ぶ2018-19シーズンの大学バスケットボール・オールアメリカン・ファーストチーム選出、USBWAが選ぶNCAA第9地区の年間最優秀選手賞も受賞している。

八村以外にUSBWAオールアメリカン・ファーストチームに選出されたのは、デューク大のRJ・バレットとザイオン・ウィリアムソン、マーレイ州立大のジャ・モーラント、テネシー大のグラント・ウィリアムズだった。

ゴンザガ大は、ウェスト地区の第1シードとしてNCAAトーナメントに挑むことが決まっている。USBWAオールアメリカン・ファーストチームにも選出されたことで、『マーチ・マッドネス』に臨む八村への注目度はさらに高まっている。

もっとも、第1シードであってもゴンザガ大の入ったヤマは強豪揃いで、勝ち抜くのは容易ではない。ここでエースとしての存在感を見せ、チームを引っ張ることができるか。真価が問われる大勝負となる。