トレード期限日の意外な『サプライズ』、今シーズン中の復帰を断念したクリス・ボッシュが解説者の活動を開始

2017/02/24
NBA&海外
135

写真=Getty Images

出場許可が出ないボッシュ、最後のプレーから1年が経過

昨年2月9日のスパーズ戦への出場を最後にコートに立っていないクリス・ボッシュが、米ネットワークTNTのNBA番組『Players Only』の解説陣に加わることが発表された。この日は奇しくも2017年のNBAトレード期限日。デマーカス・カズンズに続く大物のトレードは成立しなかったが、コート外では最もサプライズな出来事だった。

『Sun-Sentinel』によれば、ボッシュは毎週月曜日に放送されている同番組で来週から5週に渡り解説を務める契約だという。つまり、今シーズン中の復帰をボッシュは断念したということだ。

血栓症の再発で昨秋のトレーニングキャンプ参加を所属先のヒートに認められなかったボッシュは、今後も現役続行か、あるいは引退かの決断を迫られる。本人には現役続行の意思があるようだが、生命にかかわることだけに慎重な判断が求められる。