大阪薫英女学院で精神的主柱にもなる2年生トリオ、島袋椛&木本桜子&桃子「一人ひとりがチャレンジしていく」

大阪薫英女学院で精神的主柱にもなる2年生トリオ、島袋椛&木本桜子&桃子「一人ひとりがチャレンジしていく」

2022/12/09 17:45
島袋椛&木本桜子&桃子

大阪薫英女学院は、昨年のウインターカップで下級生主体のチームで準決勝進出を果たした。2年生で主力を務めた都野七海と熊谷のどかが3年生となったが、安藤香織コーチは経験ある3年生以上に2年生の積極性を評価している。去年は1年生ながら主力として活躍した島袋椛、そして双子の木本桜子と桃子は、3年生と同じぐらいチームを引っ張る推進力となるべく期待されている。その2年生トリオに、ウインターカップへの抱負を聞いた。

「いつも以上にチャレンジ精神を持って向かっていく」

──大阪薫英女学院の2年生トリオの皆さん、それぞれ自己紹介をお願いします。

島袋 2年生の島袋椛です。1年生から先発で使っていただいています。ポジションは3番、4番、5番で、リバウンドが得意で外回りのディフェンスが苦手です。都野(七海)さんとはジュニアオールスターで一緒でした。

桜子 2年生の木本桜子です。ポジションはガードもフォワードもできます。ディフェンスが得意で、オフェンスではドライブからのジャンプシュートが武器です。

桃子 木本桃子です。小学校2年で、6年生の先輩に勧められて行ったバスケットの体験会が楽しかったので、2人でバスケを始めました。姉の桜子とは小さい頃は結構ケンカもしたんですけど、今はすごく仲が良いです。

──双子が一緒にプレーしていると『阿吽の呼吸』があると言われますが、島袋選手から見てどうですか? あと、本当に仲が良いですか?

島袋 急に2人で勝手にスイッチしてダブルチームに行ったり、足が速くてついていけなかったりします。寮で洗濯とかの仕事を「どっちがやるか」とか「なんでこれやってないん?」みたいな言い合いはたまにしてますけど、ケンカせず仲良くやっています。

──安藤コーチからは今年の2年生がしっかりしていると聞きました。

桜子 前は3年生に対して先輩だから言えない部分があったんですけど、それでは日本一にはなれないだろうし、先生からも「2年生が3年生を変えていかないといけない」と言われていて、今は先輩でもダメだと思うところははっきり言うようにしています。

──意識が高いと聞きましたが、どんなことを意識してプレーしていますか?

島袋 全員あまり身体能力があるチームじゃないからこそ、シュート力であったりディフェンスの気持ちの部分であったり、能力じゃなく補えるところをしっかりやっていかないといけなくて、考え方もずっと同じじゃなく、いろんな考え方を進めていくことを意識しています。最後は一人ひとりが自分の意志でやり抜く力を持って、それぞれの役割をやりきった時に、日本一が見えてくると思います。

大阪薫英女学院

「能力がない分、一人ひとりの役割をやることで勝っていける」

──では、今まで以上にチームに貢献するために、それぞれ個人のどういった部分を出していきたいですか?

桃子 やっぱり自分たちの持ち味はディフェンスなので、私も前からしっかりプレッシャーを掛けて、ディフェンスからチームに勢いを付けられるよう意識しています。オフェンスはドリブルばかりになると留学生にブロックされてしまうので、しっかり動きの中で決めることを意識しています。

桜子 能力がない分、一人ひとりの役割をやることで勝っていけると思います。コーチに求められていることを自分たちが練習からしっかり意識して、それをコートで出すことができれば絶対勝てると思っています。

島袋 どんな大会でも、自分たちのレベルより相手が高くても低くても、自分たちのやるべきことは変わらないので、「絶対勝ってやる」より、「今までやってきた、これとこれを意識しよう」という気持ちを持って、常にチャレンジしながら自分たちで正解を見付けていきたいです。自分たちは小さいチームだし、大きい相手に対してはいつも以上にチャレンジ精神を持って向かっていくようにしています、

──昨年のウインターカップでの思い出は?

桃子 去年もベンチ入りしていたんですけど、準決勝とか大事な試合には出ていなかったので、今回出る機会があったら前からプレッシャーを掛けるとか、一つひとつのプレーを大事に、悔いなく戦いたいです。

──ウインターカップで対戦したいチーム、個人的に負けたくない選手はいますか?

桜子 私の場合は妹の桃子です。インターハイでは桃子がスタートで出て結構プレータイムがあったんですけど、私は出れていなかったから悔しかったです。

──今は大学生と一緒に練習する機会が多いと聞きました。チームにとってどんなプラスになっていますか?

島袋 薫英を卒業した方だったり、全国で準優勝したメンバーの方がいて、日本代表に入っている選手も多いので、一緒に練習することで吸収できることがたくさんあります。同じ指導を受けていても、大学生はできるのに自分たちはできなかったりすると、やり方を真似られるし、すごく勉強になります。試合を見に行っても大学は高校生と雰囲気が全然違います。良いところはどんどん吸収して、なおかつ私たちは高校生らしく元気の良さを大学生に発信しようとしていて、そういう思いがレベルアップに繋がっていると思います。

島袋椛&木本桜子&桃子

「全員一丸となって戦う薫英の姿を見てほしい」

──それでは最後に、ウインターカップへの意気込み、見ている人へのメッセージをお願いします。

桜子 薫英の持ち味であるディフェンスに注目してほしいです。ディフェンスから流れを作ること、一人ひとりがチャレンジしていくので、そのプレーを見てください。

島袋 試合に出ているメンバーもそうですけど、試合のためにずっと準備してくれる選手がスタンドにいたり、トレーナーさんだったり監督と全員一丸となって戦う薫英の姿を見てほしいです。

桃子 全国の強豪に比べて薫英は小さいと思うんですけど、大きい相手に対して全員が動いてスピードのあるプレーをしたら勝てるんだ、ってところを見てほしいです。目指すは全国制覇なので、応援よろしくお願いします!

RECOMMEND