コービーが引退試合後にサインした8番のコートがオークションへ

コービーが引退試合後にサインした8番のコートがオークションへ

2016/04/29

写真=Getty Images

落札額は全額レイカーズのチャリティ団体に寄付される。

4月13日にステイプルズ・センターで行なわれた現役最後の試合後、コービー・ブライアントがサインを入れたコートがオークションにかけられる。

当日のコートには、ブライアントが1996年から2005年までに着用した背番号8番が描かれ、試合後本人が番号の上にサインを入れた。今回『NBA Auctions』に出品されたのは、その「8番」部分で、日本円で約107万円に相当する1万ドルから入札がスタート。入札の期限は2016年5月13日で、日本時間4月29日の時点で1万3200ドル(約141万円)まで入札金額が上がっている。尚、落札金額は、レイカーズ公式のチャリティ団体『レイカーズ・ユース・ファウンデーション』に全額寄付される。

また、『Celebrities For Charity』でも、ブライアント本人のサイン入り引退試合レプリカチケットが、本人の背番号にちなみ24枚限定で当たる懸賞企画を実施中。応募に必要な抽選権は、最安で10ドルから購入が可能で、こちらも期限は5月13日に設定されている。上記オークションと同様に、抽選権による収益はすべて『レイカーズ・ユース・ファウンデーション』に寄付される。

ブライアントが試合後にサインを入れた引退試合のコート「24番」部分は、レイカーズの新たな練習施設にアートワークとして展示される予定だ。

RECOMMEND