引き続き再建モードの新潟アルビレックスBB、今シーズンこそ光明が差し込むか?

引き続き再建モードの新潟アルビレックスBB、今シーズンこそ光明が差し込むか?

2022/09/27 14:30

ロスター入れ替えで、若い力と新外国籍選手の融合に期待

2018-19シーズンの中地区優勝を最後に苦しい戦績が続いている新潟アルビレックスBB。抜本的な再建を目指し、ヘッドコーチ、他スタッフ陣を入れ替え、ロスターも大きく変更した昨シーズンだったが、まさかのリーグ最下位という結果に終わった。平岡富士貴ヘッドコーチは継続だが、今オフにはロスターの半分以上を入れ替え、さらなる再建を目指す。地元出身の英雄、佐藤公威が引退し、攻守に渡り中心選手だった納見悠仁は川崎ブレイブサンダースへ移籍。群馬クレインサンダーズから杉本天昇、滋賀レイクスから澁田怜音、レバンガ北海道から玉木祥護と光るものがありながら出場時間を勝ち取れていなかった若手を積極的に獲得した。外国籍選手では、名門バージニア工科大学で得点、リバウンドともにチームトップを記録していたケヴェ・アルマが加入。そして昨シーズン、トルコで平均12.1得点、10.3リバウンド、2.1ブロックと実績十分な213cmのジョニー・ハミルトンも獲得した。日本でのプレー経験はないが、期待できる2人の外国籍選手と若い力の融合で復活にかける。

リーグの中でも若いロスターであるがゆえ、シーズンを通じた成長と爆発に注目。高速化も見込めるので、全員でアグレッシブに守り、攻守の切り替えが速いバスケに生まれ変わることを期待したい。昨シーズンはプレーメークができない結果、シュート成功率も悪くなり、ターンオーバーの多さも目立った。そのため、ゲームをクリエイトできる核となる選手の活躍が必須である。

所属選手一覧

注目選手

池田雄一
新潟一筋17シーズン目。若手中心のチームおいて、新潟を長く知る池田の存在は貴重だ。再建モードだからこそ、チームカルチャーを伝えていくことが、ビルドアップしていく中で重要な要素になる。コート上でも、ここぞというところで的確に決めてくる3ポイントシュートは心強い武器だ。

澁田怜音
佐賀バルーナーズでB3からB2、滋賀レイクスでB1とステップアップしてきた澁田。今シーズンはこれまで以上にチャレンジングなシーズンとなるだろう。新潟で求められるのはエースガードの役割。持ち前のスコアリング能力やパスセンス、ゲームコントロール力をB1レベルで発揮できるか期待したい。

ロスコ・アレン
得点、リバウンド、アシストとチームトップクラスのスタッツを残し、攻守に渡ってチームの中心であることは言うまでもないハンガリー代表選手でもあるアレン。今シーズンの外国籍選手は若くて得点能力があることから、アレンの負担が減り、より高い精度でのプレーに期待できる。

推し選手を選んで「B.LEAGUE#LIVE2022」で遊ぼう
BライブはB1&B2全選手から自由に12名を選抜し勝敗を競うファンタジースポーツゲーム!
今ならBライブ新規登録でゲーム内で使える100万円分のDFSチケットを山分けしてプレゼント!

RECOMMEND