トレードの噂に動じないバム・アデバヨ「僕はこのマイアミに再び優勝をもたらすんだ」

トレードの噂に動じないバム・アデバヨ「僕はこのマイアミに再び優勝をもたらすんだ」

2022/08/01 11:30
バム・アデバヨ

「ここのみんなが僕と一緒に成長できたら、それはとてもうれしいこと」

ヒートのセンター、バム・アデバヨはマイアミの子供たちにバスケを教えるクリニックに参加した際に『Miami Herald』の取材を受け、5シーズンを過ごしたこのコミュニティと自分がいかに強く結び付いているかを語った。

「僕が街に繰り出して出会うのは、僕のジャージーを着た子供たちだ。いろんな人たちが『ここでプレーしてくれてありがとう』と言ってくれる。僕はUD(ウドニス・ハズレム)と違ってマイアミ出身じゃないけど、地元出身みたいに扱ってくれる。それがすごくうれしいんだ」

彼が地元ファンの支持を受ける理由は、コート上での活躍だけではない。マイアミの子供たちと一緒にバスケを楽しみ、地域の病院に足を運んで病気と戦う子供たちを勇気付け、そして先日はサウスビーチでのバスケ大会にドノバン・ミッチェルとともに出場した。地元で様々な活動をし、地域の人々と触れ合うことに、彼は大きな意義を見いだしている。ちなみにクリニックの利益はマイアミのシングルマザーや子供たちのサポートという形でコミュニティに還元される。

ネッツに対してトレードを要求したケビン・デュラントの行き先はまだ決まっていない。その有力な移籍先候補の一つがヒートであり、アデバヨの名前もその噂に出てくる。それでも彼自身は、ヒートで長くプレーしてハズレムのような存在になりたいと願う。

「できることならマイアミでずっとプレーしたい。キャリアを通してこのコミュニティと一緒にいたいんだ。ドラフト14位で指名された選手がより大きな存在になり、チームの要になる。ここのみんなが僕と一緒に成長できたら、それはとてもうれしいことさ」

今のところ、ネッツは各チームに1人しか保有の認められない特定選手としてベン・シモンズを擁しており、同じ特定選手のアデバヨを獲得することはできないが、その条件を抜きにしてもヒートがアデバヨを簡単に手放すことはないだろう。彼は言う。

「僕は一生懸命で泥臭く、チームメートを見捨てない選手であり、それをヒートは理解してくれている。僕の獲得を狙うチームがいるとしたら、それはリスペクトとして受け取っておくよ。僕はこのマイアミに再び優勝をもたらすために、次の成長をするつもりなんだ」

すでにオールスター選手となり、3年連続でオールディフェンシブセカンドチームに選ばれた25歳のアデバヨは、まだまだ成長するだろう。たとえデュラントがトレードの対象であっても、手放すわけにはいかない。

RECOMMEND