カザフスタン戦勝利の余韻に浸る間もなく、バスケ日本代表が前日練習を実施

2018/09/16
日本代表
4014

男子日本代表

文=丸山素行 写真=バスケット・カウント編集部

格上のイランは「コンプリートなチーム」

ワールドカップアジア2次予選、イラン戦に臨む男子日本代表は、会場となる大田区総合体育館で前日練習を行った。約90分間の練習の中で、カザフスタン戦で機能しなかったオフェンスの確認やディフェンスルールを確認。最後の15分間はメディア向けに練習が公開されたが、選手たちはリラックスした様子でシューティングを行っていた。

明日対戦するイランはFIBAランキング25位と、日本(同49位)にとって格上の相手だ。フリオ・ラマスヘッドコーチはイランをこう評価する。「今のイランは8年間同じメンバーでやっていて、オリンピックなど大きな大会も経験した『コンプリート』なチーム。サイズもあるので、リバウンドにしろピック&ロールのプレーにしろ、いろいろな面で強い」

ラマスコーチは相手が強敵であることを認めつつも、「しっかり準備ができている。オフェンスの面でもディフェンスの面でも、今日と明日で仕上げて試合に臨みたい」と必勝を誓った。

男子日本代表

渡邊「日本代表を助けるようなプレーをしたい」

公開練習後、ラマスコーチとともに渡邊雄太と八村塁が会見を行った。

2年ぶりに日本でプレーする渡邊は「すごく楽しみです。自分たちの得意なバスケットをしっかりやれば勝てる試合だと思っているので、得点、ディフェンス、リバウンド、すべての部分で日本代表を助けるようなプレーをしたいと思っています」と頼もしい言葉を発した。

移動も含めタフなスケジュールをこなし、疲労が溜まっていることは間違いない。八村はそれを認めつつも「昨日、今日と集中して練習がてきています。それが明日の試合につながると思います。イランはアジアで強いチームですが、僕たちのバスケをしっかりやれば良い結果が出ると思うので、意識してやっていきたい」とこちらも頼もしい言葉が聞けた。

八村が代表に加わってからの日本は3連勝中。さらに先日のカザフスタン戦では、皆が望んでいた八村と渡邊の共闘が実現するなど、追い風が吹いている。

「次のイラン戦の40分もきっと楽しい試合になると思う。真剣勝負ですが、自分たちが楽しんでバスケットをしてる姿を見せて、日本一丸となって楽しむ試合ができると思います」と渡邊はポジティブな表現に終始した。

カザフスタン戦は八村と渡邊がチームを牽引し勝利を収めたが、格上のイラン戦では2人以外の選手のステップアップが必要となるだろう。2次予選突破のカギを握る、運命のイラン戦は大田区総合体育館で明日17時10分ティップオフとなる。