『ヤング・レイカーズ』に試練、キャンプ初の実戦練習で若手vsベテランの紅白戦

2018/09/09
NBA&海外
8240

レブロン・ジェームズ

写真=Getty Images

先発の座が確約されているのはレブロンだけ

レブロン・ジェームズを獲得して飛躍が期待されるレイカーズ。指揮官のルーク・ウォルトンは、レブロン以外に誰を先発に起用するか決めていない。巷ではロンゾ・ボール、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、ブランドン・イングラム、レブロン、ジャベール・マギーが起用されるという意見が多いが、ウォルトンは自然な競争の中からスタメンを決めるつもりだ。

『ESPN』のラジオ番組に出演したウォルトンは、「トレーニングキャンプでの初めての実戦練習では、ベテランと若手の試合をやるつもり。きっと素晴らしい練習になるから楽しみだよ」と語った。

ロンゾ、カイル・クーズマ、イングラム、ジョシュ・ハートら若手コアが数年後の中心選手になるとの期待は別として、ポジションやプレータイムは勝ち取るもので、与えられるものではない。ウォルトンのコメントを聞いた彼らのモチベーションは上がり、『やる気スイッチ』も入ったに違いない。そうした刺激のある中でチーム内競争が繰り広げられれば、自然とチームのレベルは上がる。

注目を集めるキャンプでは、『ヤング・レイカーズ』が、NBAの荒波を乗り越えてきたラジョン・ロンド、マイケル・ビーズリー、ランス・スティーブンソン、マギーら『個性派』のベテランに挑む。