川崎ブレイブサンダースの『セカンドユニット問題』の解決が期待される谷口光貴

2018/09/08
Bリーグ&国内
2765

谷口光貴

文=丸山素行 写真=鈴木栄一

アピールの場で積極性を出せず「イマイチ」

アーリーカップ関東1回戦、川崎ブレイブサンダースはサンロッカーズ渋谷に敗れ、5位決定戦に回ることになった。日本代表の篠山竜青、辻直人、ニック・ファジーカスと主力3人を欠いたことが敗戦の理由であることは明らか。しかし、プレータイムの少ない若手にとってはアピールの場であり、だからこそ勝たなければいけない試合だった。

今年で5年目を迎える谷口光貴は先発に名を連ねた。昨シーズンの先発が2試合しかなかった谷口にとって、このSR渋谷戦は自分をアピールするチャンスだったが不発に終わった。

「周りの様子を見ようとしすぎたというか、外国籍選手任せになったというか。もうちょっと自分から仕掛けても良かったと思う部分はあって、自分の中ではイマイチ。もっとできたんじゃないかって」

「僕が期待されているのはオフェンスだと思うので、そこで自分から積極的に仕掛けてチャンスメイクしないといけないです」と自らの役割を認識していたが、どこか空回りしてしまった。

「自分ができれば、もっとチームが強くなる」

昨シーズンの川崎は第2クォーターや主力が下がった時間帯に失速するパターンが多く、その要因の一つがセカンドユニットの得点が伸び悩んだことだった。「その部分は自分が任されているところだと思っています。今年は特に意識してやっていかないと、それこそプレータイムをもらえない」と、谷口は危機感を持って新シーズンに臨んでいる。

こうした危機感は選手にとって必要で、ぬるま湯につかっていてはチームの成長は止まってしまう。そういう意味でも谷口の向上心はチームを強くする。「代表選手が帰ってくるとまた役割が変わってくるかもしれないです。でもシーズン中は何があるか分からないので、自分がそういうところもできれば、もっとチームが強くなると思います。その部分も含めて自分がやれることは何かというのを見つけていかないといけないです」

より強い気持ちを持って新シーズンに向かう谷口。これまでは先輩に引っ張られ、ついていけばいい状況だったが、新人が入ったことによって、その心持ちも変わった。「新人が2人入ってきて、僕があの2人をもっと引っ張っていけたらなって。細かい心境の変化はあります」

川崎が優勝するためには若手の台頭、チームの底上げが必要となるが、谷口はそれらすべてを「今シーズンの僕の仕事」と言う。谷口が伸びる分だけ、そして己に課した仕事を全うできれば、川崎の悲願達成は近づく。