オリンピックで銀メダルを獲得したバスケ女子日本代表の報奨金は一人当たり500万円に、スタッフにも200万円の報奨金を授与

オリンピックで銀メダルを獲得したバスケ女子日本代表の報奨金は一人当たり500万円に、スタッフにも200万円の報奨金を授与

2021/08/13 13:04
女子日本代表

三屋会長「日本バスケットボール界にとって『金メダル』級の快挙であった」

日本バスケットボール協会(JBA)は今日、先日閉幕した東京オリンピックで日本バスケットボール史上初の銀メダルを獲得した女子日本代表チームに対する報奨金を発表した。

報奨金はエントリー選手12名とチームスタッフ12名に授与される。選手には報奨金規定に定められた額300万円に特別報奨金200万円が加えられ、一人当たり500万円が授与される。

チームスタッフ対象者はトム・ホーバスヘッドコーチを除く11名と、JBAスポーツパフォーマンス部会 佐藤晃一部会長の12名となり、一人当たり200万円が授与される。佐藤部会長は故障者の長期的なリハビリ活動の担当者として、オリンピックでのチームの躍進に多大なる貢献をしたとして授与対象になったとJBAは発表。また、ホーバスコーチに関しては、ヘッドコーチ契約に従い別途授与するとのこと。

JBAの三屋裕子会長は次のコメントを発表している。「日本バスケットボール界としてオリンピック初の銀メダルを獲得した女子日本代表チームに対する報奨金について理事会にお諮りした結果、日本バスケットボール界にとって 『金メダル』級の快挙であったことについてご賛同をいただき、特別報奨金を含む、上記報奨金の授与が決定いたしました。選手・スタッフに対する敬意を、少しでも形にできたことを、心より嬉しく思います。ホーバスヘッドコーチが評したように、今回のチームはスーパースターこそいませんでしたが、まさにチーム一丸となった結果の『スーパーチーム』でした。バスケットボールをプレーする子どもたちの目標として、またご声援・ご支援くださる多くのステークホルダーの皆様に愛される存在として、女子日本代表チームがますますの活躍を見せてくれることを期待しています」

RECOMMEND