NBA16年間で優勝4回、スパーズの黄金期を支えたマヌ・ジノビリが現役引退を表明

2018/08/28
NBA&海外
13485

マヌ・ジノビリ

写真=Getty Images

「途方もない夢、それ以上の経験をさせてもらった」

8月27日、スパーズのマヌ・ジノビリが現役引退を表明した。

ジノビリは、Twitterに次のメッセージを投稿。「いろんな感情が入り混じっているけれど、今日、僕はバスケットボールからの引退を発表する。この23年間、自分の人生にかかわったすべての人たち(家族、友人、チームメート、コーチ、スタッフ、ファン)に心から感謝している。最高の旅路だった。途方もない夢を見てきたけれど、それ以上のことを経験させてもらった」

1999年のドラフト全体57位でスパーズから指名されたジノビリは、スパーズでの16年間で優勝4回に貢献した他、2008年にはシックスマン賞を受賞。また、2005年と11年にオールスターに、そして2008年と11年にはオールNBAサードチームに選出された。そして、1000試合以上に出場した選手としては、NBA史上最高勝率である72.1%(762勝295敗)をマークした。

アルゼンチン代表としても1998年から2016年までプレーしたジノビリは、2004年のアテネ五輪で母国に金メダルをもたらした他、2002年のバスケットボール世界選手権(現FIBAバスケットボール・ワールドカップ)で銀メダル、2008年の北京五輪で銅メダルを獲得。NBAでプレーする前に所属したイタリアのヴィルトゥス・ボローニャ時代にはユーロリーグ優勝も達成し、元アメリカ代表のビル・ブラッドリーに次いで史上2人目のNBA優勝、ユーロリーグ優勝、オリンピック金メダル獲得を達成した選手となった。

スパーズとの契約をあと1年残していたジノビリは、先週末にヘッドコーチのグレッグ・ポポビッチと面会し、去就について話し合った。1年前にも引退を検討していたジノビリは、ポポビッチに慰留される形で昨シーズンもプレーしたが、今回はコートを去る決断を下した。

ジノビリが引退を決断した背景には、盟友トニー・パーカーの退団も大きかったとも言われている。パーカーは、昨シーズンから先発ポイントガードの座をデジャンテ・マレーに譲ったが、出場機会を求め、フリーエージェントとなった今オフ、東カンファレンスのホーネッツと2年契約を結んだ。

スパーズに黄金期をもたらしたティム・ダンカン(2016年に引退)、パーカー、そしてジノビリの『ビッグ3』全員がチームを去ることに。ダンカンと同様に、ジノビリも近い将来スパーズから功績を称えられるだろうし、有資格者となればバスケットボール殿堂入りも間違いない。

変幻自在のステップを含む類い稀なテクニックを駆使し、2000年代からNBAを盛り上げたスター選手が、コートに別れを告げた。