比江島慎は「成長できる環境があることに感謝」してオーストラリアリーグに挑戦!

2018/08/03
NBA&海外
6685

比江島慎

文=丸山素行 写真=野口岳彦

ファンには「プレーにも良い影響があるので見に来て」

オーストラリアリーグのブリスベン・ブレッツへの加入が決まった比江島慎が今日、会見を開いてその胸中を語った。

まず、なぜオーストラリアという選択だったのかについて「レベルが頭一つ抜けています」と比江島は言う。「一番はフィジカルが、他の国と比べて一ランク上、その中でヨーロッパに似た綺麗なバスケットをする。うまさや速さもあるので、その中でやっていけば世界に慣れます」

Bリーグにいればトップスター選手だが、そこから飛び出さなければいけない理由が比江島にはあった。「自分の持ち味はドライブでしっかり緩急をつけてゴールにアタックすること。それは代表の中でできた。Bリーグでは自分より小さいか同じくらいの選手がマッチアップするけど、オーストラリアに行くことによって、自分よりゴツくて速くて大きくなるので、そういったところで1対1を磨いていきたい」

大学生時代から日本代表で経験を積み、成長するにしたがって『エースの自覚』を持つに至った比江島は、今回の挑戦についてもその意識を持っている。「Bリーグから海外に行くことは例がないので、自分が失敗したら次がないというところもある。BリーグでMVPを取って行くので、日本のレベルを見られます。その中でしっかりプレーして成功すれば次につながると思います」

チャレンジの陰にはリスクもある。「フィジカルが強いのでそこに対応できるのかという不安はありますし、ケガの不安もあります。あとは私生活でやっていけるかどうか分からないです。英語もできないし……」と比江島ははにかみながらも、「そこも人間として成長できる環境なのかなと思っているので、チャレンジしていきたい」と力強く言い切った。

比江島慎

「また一つ成長できる環境があることに感謝」

関係者によれば、プレータイムや起用法など契約時点で何らかの確約はないとのこと。すべてはチームに合流して、比江島自身がイチから信頼を得てつかみ取っていかなければならない。もっとも比江島自身はリスクについて「プレータイムを与えてもらえないということですかね」と言うが、「失敗するイメージがないので今は分からない」とオンコートについては不安より期待が上回っている様子だ。

問題はオフコート、バスケ以外の部分だろう。家はブレッツが用意し、通訳も付くが、アスリートにとって大切な食事を筆頭に、生活面ではそれなりに苦労することになりそうだ。

また日本のファンに向けては次のようなメッセージを送っている。「僕のプレーを見ることが少なくなってしまうかもしれないですけど、日本代表に参加できるのであればそこで見に来てほしいし、まだ日本で試合する可能性もあると思うので是非見に来てほしい。オーストラリアで寂しい思いをしてると思うので、日本人の方に来てもらって、僕のプレーも良い影響が出ると思うので足を運んでもらいたい」

不安がないわけではないだろうが、自分の力をオーストラリアという『世界のレベル』で試すという機会に比江島は興奮している。熱望しながらも「まさか自分でも行けるとは思っていなかった」という機会がこうして訪れた。

「海外のチームに受け入れてもらえるのはうれしいですし、また一つ成長できる環境があることに感謝したいです。それと同時に不安も多いんですけど、行くからには楽しみですし、プレーに関しても楽しみな部分が多いので、実現できて良かったと思っています」

日本代表のオセアニア遠征メンバーから外れた比江島は8月5日に日本を発ち、ブレッツに合流する予定となっている。