[日本バスケットボール応援企画]自宅で行うパーソナルトレーニング『宅トレ』vol.31 肘つきリバースクランチ(腹筋下部)

2021/05/02 08:30

『肘つきリバースクランチ』(腹筋下部)は、体幹のトレーニングです。腹筋のおへそから下の部分を鍛えます。腹筋の下の部分は、姿勢保持に重要な筋肉です。慢性的な腰痛症や反り腰が気になる方におすすめのエクササイズです。

1.床に座り、肘を後ろにつきます。
肘は肩の下に着き、肩に力が入らないようにリラックスします。

2.膝を立てて揃えます。
膝を90度くらいにします。足をしっかりと閉じることで、内もも(内転筋)に力が入り、効率的に腹筋を行うことができます。

3.その状態から膝を胸に近づけます。
腰が反らないように注意して行います。脚の付け根から引き上げる意識で行いましょう。

まずは10回×3セットから始めて、慣れてきたら回数を15回、20回と増やしてみてください。20秒、30秒など時間で区切り、他の種目との組み合わせとしても使用できます。

ベストコンディションジムは2004年に福岡市中央区にオープンして以来、アスリート専用トレーニングジムとして多くのアスリートにプログラムを提供してきた。代表の窪田はリオオリンピックでバスケットボール女子日本代表のストレングスコーチを務めるなど、バスケットボールとの関わりは深い。最近はオンラインでのトレーニング指導『宅トレ』の普及に力を入れている。⇒http://best-condition.com/

RECOMMEND