『変化』を遂げたブレイク・グリフィン、アイソレーション偏重のネッツに新たな攻めのバリエーションをもたらす

『変化』を遂げたブレイク・グリフィン、アイソレーション偏重のネッツに新たな攻めのバリエーションをもたらす

2021/03/11 11:30
ブレイク・グリフィン

ピック&ロールからの展開で『違い』を生み出す

NBAオールスターが終わりレギュラーシーズン後半戦が再開するにあたり、ネッツは引き続きリーグで最も注目を集めるチームになっている。その中でも特に、ピストンズとのバイアウトに合意し、新たにネッツと契約を結んだブレイク・グリフィンがチームにどんな貢献をするのかは、ネッツファンならずとも気になるところだ。

今のグリフィンには、『ロブ・シティ』と呼ばれたスター選手揃いのクリッパーズを牽引していた頃の力強さはない。相次ぐケガ、特に膝の状態は、グリフィンからダイナミックかつ華やかなダンクを奪った。圧倒的な身体能力でNBAを席巻していた過去とは別の選手にならざるを得ないここ数年で、彼はプレースタイルを変えている。それが進化か退化かは別として、彼は自身の才能と経験を合わせて新しいパワーフォワードのスタイルを見いだした。

それはプレーメーカーとしての幅を広げること。かつての彼は自分がアタックすることで強引に作り出したズレからアシストを記録していた。この力任せのアタックはできなくなったが、ポストアップからパスをさばくプレーは健在。そしてピック&ロールから良いオフェンスを作り出す能力に磨きを掛けてきた。今のNBAでピック&ロールのできない選手はいないが、ピックを使ってのハンドラーとして、スクリーンからのダイブで、その両方で質の高いプレーができる選手となると、その数は決して多くない。グリフィンはその一人となっている。

ネッツに必要なのはディフェンスの改善で、『ビッグ3』がいる時点でオフェンスはもう十分、という意見もあるが、それはおそらく間違いだ。シーズンを通してネッツはカイリー・アービング、ケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデンをローテーションで起用しており、3人同時に使う機会はさほど多くない。プレーオフになれば話は別かもしれないが、勝負どころで3人が余力を残しておくためにも、タイプの異なるプレーメーカーが加わるのは良い話だ。

リーグ屈指のスコアラーが3人いても、個人のひらめきとアイソレーションに偏っている。ここにグリフィンのインサイドでのプレーメークが加わればオフェンスの引き出しは大きく増える。グリフィンというオプションをちらつかせるだけで、『ビッグ3』は今まで以上にプレーしやすくなるはずだ。

また、ベテラン最低保証額での契約をかわしたグリフィンは少なくともローリスクで、なおかつハイリターンをもたらす可能性があるという意味で素晴らしい補強だ。当然、膝に爆弾を抱えるグリフィンが勝敗を背負って無理を重ねる必要はない。ピンポイントで仕事をしてくれれば十分だし、プレータイムは短くてもゲームチェンジャーになる可能性は十分にある。グリフィン自身もリハビリに時間を費やすことの多かったピストンズを離れて心機一転、ここからの数カ月間はかつての自分を取り戻すためではなく、どんな形であれタイトルを手に入れるための『勝負の時』だ。モチベーションが大きくアップするのは間違いない。NBA屈指のスター選手だったグリフィンが全盛期の姿を取り戻すことはないかもしれない。だが、今の自分にできるすべての力を尽くしてタイトルを取りにいく。

RECOMMEND