デイミアン・リラード、ステフィン・カリーとの最強シューター対決を制す「足に最後のエネルギーを注ぎ込むんだ」

デイミアン・リラード、ステフィン・カリーとの最強シューター対決を制す「足に最後のエネルギーを注ぎ込むんだ」

2021/03/05 11:00
デイミアン・リラード&ステフィン・カリー

「勝負どころで『今こそ自分がやらなきゃ』と気合いを入れ直す」

3月3日に行われたトレイルブレイザーズvsウォリアーズの一戦は、デイミアン・リラードとステフィン・カリーによるNBA最強シューター対決となった。カリーが5本の3ポイントシュート成功を含む35得点を挙げたのに対し、リラードは3ポイントシュート3本成功の22得点。カリーに牽引されたウォリアーズがほとんどの時間でリードしていたが、ラスト2分でリラードがクラッチプレーヤーの本領を発揮した。

第4クォーター残り2分、リラードはサイドステップで作った一瞬のズレから放った3ポイントシュートを決めて、ブレイザーズが103-103の同点に追い付く。この時はドレイモンド・グリーンに3ポイントシュートを返されたが、残り1分を切ってリラードのフリースロー2本成功で1点差に迫る。続くウォリアーズの攻めではカリーに効果的なトラップを仕掛けて良い攻めの形を作らせず、最後はドライブからフローターを放たれたものの、ボールはリングの上でしばし逡巡した後にこぼれ落ちた。

このリバウンドを拾ったリラードはそのままボールプッシュ。1対1となったケント・ベイズモアに一度はボールを引っ掛けられるも体勢を立て直し、ベイズモアをステップバックでかわして逆転のロングスリーをねじ込んだ。さらにウォリアーズの最後の攻めでは、グリーンが思い切りの良いドライブからレイアップを決めたかに見えたが、カバーに入ったリラードがオフェンスファウルを引き出しており得点は認められず。リラードが攻守に渡るビッグプレーの連発で試合をひっくり返し、ブレイザーズが108-106で勝利を収めた。

クラッチタイムの勝負強さについて、リラードは「すべて上手くいくわけじゃない。今日も最後の何本かの前のシュートは外していた。でも『大丈夫、正しいプレーはできている』で片付けてしまうんだ。そして勝負どころで『今こそ自分がやらなきゃ』と気合いを入れ直す」と語る。

「どんなに難しい状況であっても、自分でチャンスを作り出すんだ。足に最後のエネルギーを注ぎ込んで、何かを起こしてやろうと思えば、その何かは起こるものさ」

ウォリアーズの指揮官スティーブ・カーはリラードに決定的な仕事をされたことに「どこからでもシュートを決められる選手で、今日は決して調子は良くなかったはずなんだが、48分間ずっと目を光らせておかなければいけなかった」と反省しつつも、その勝負強さを称えた。

ブレイザーズは20勝14敗でオールスターブレイクを迎える。リラードと並ぶチームの核であるCJ・マッカラムを1カ月半欠きながら、西カンファレンスの上位に食い込んでいるのは上々の出来。マッカラムはすでにコンタクトありの練習を再開させており、同じく手首のケガで離脱中のユスフ・ヌルキッチも順調に回復、早ければオールスターブレイク明けに2人とも復帰できそうだ。

RECOMMEND