ラプターズの渡邊雄太がNBAキャリア初先発、前半は7分の出場で2リバウンドとアピールできず

ラプターズの渡邊雄太がNBAキャリア初先発、前半は7分の出場で2リバウンドとアピールできず

2021/03/04 10:33
渡邊雄太

ロケットスタートもその後失速

ラプターズはパスカル・シアカムが新型コロナウイルス健康安全プロトコルの対象となり、ヘッドコーチのニック・ナースと5人のアシスタントコーチも健康安全プロトコルに含まれた影響で、8人の選手をベンチ登録することが不可能となり、3月1日のブルズ戦から2試合連続で延期が続いた。

こうした状況で本日のラプターズ戦は開催されたが、渡邊雄太がNBAキャリア初となる先発出場を果たした。

渡邊は最初のポゼッションでディフェンスリバウンドを獲得。チームはカイル・ラウリーやノーマン・パウエルの3ポイントシュートなどが決まり、開始3分で13-3と最高のスタートを切った。

しかし、ここからピストンズの反撃を受ける。チェックが甘くなり、連続で3ポイントシュートを許すと、オーバーヘルプやコミュニケーションミスが目立つようになり失点が止まらない。残り6分40秒には、メイソン・プラムリーに押し込まれた渡邊が3点プレーとなるバスケット・カウントを許し、逆転されてしまう。

渡邊はオフェンスに絡むことができずフィールドゴールのアテンプトがないまま、残り4分50秒でベンチに退くことに。その後、渡邊に出番はなく、チームも立て直せないまま、60-69で前半を終えた。

後半の巻き返しとともに、渡邊の活躍に期待したい。

RECOMMEND