アイバーソンが選ぶトップ5

2016/08/23
NBA&海外
466

写真=Getty Images

来月殿堂入りを果たすアイバーソンが、NBAカルチャーに与えた影響を語る

来月にバスケットボール殿堂入りを果たすアレン・アイバーソンが、先日収録されたラッパーJadakissとのインタビューで、現役時代にプレーした選手、現代の選手を含めた中でのトップ5、自身がNBAのカルチャーに与えた影響などについて語った。

Jadakissからトップ5の選手を聞かれたアイバーソンは、「マイク(マイケル・ジョーダン)、シャック(シャキール・オニール)、コービー(ブライアント)、レブロン(ジェームズ)、あと5人目は候補がたくさんいる」とコメント。「たとえば(ラッセル)ウェストブルック、カイリー(アービング)、(ケビン)デュラント、メロ(カーメロ・アンソニー)かな」と答えた。

NBA歴代7位の平均26.7得点を挙げたアイバーソンは、小兵ポイントガードの印象を一変させただけではなく、コーンロー、ゆったりしたシャツにパンツという出で立ちなど、コート外でもNBAに影響を与えた選手だ。嘘か誠か、アイバーソンのファッションによる社会的な影響を懸念し、NBAは2005年にドレスコードの導入を決めたとも言われている。

アイバーソンは、自身の影響力についてこう語った。

「俺は俺でいただけ。他に考えたことなんて何もない。ただ自分が育った環境の連中と同じ服装だよ」

現代のNBAでは、アイバーソンがトップ5の5番目候補に挙げたウェストブルックがファッションリーダーの一人として見られている。NBAファッションに一石を投じたパイオニアは、今の選手が自分自身でいられることが素晴らしいと言う。

「若い選手がやりたいようにやれていることが一番。何も恐れず、自分がしたい格好をしている。それが何よりのことだね」

現地9月9日にマサチューセッツ・スプリングフィールドで行なわれる式典では、アイバーソンのほか、レイカーズ時代の2000年から3連覇を達成したオニール、アジアを代表する元NBA選手のヤオ・ミンらがバスケットボール殿堂入りを果たす。

神様マイケル・ジョーダンをトップ5に選んだアイバーソン。得意のクロスオーバードリブルでジョーダンを振り切りシュートを決めたプレーで一躍脚光を浴び、その後スターダムにのし上がっていった。