リッキー・ルビオ、亡き母へ捧ぐ五輪

2016/08/20
NBA&海外
339

写真=Getty Images

5月に他界した母へ金メダルを捧げる夢は実現できず

スペインの若き司令塔リッキー・ルビオには、大好きなバスケットボール以上に大切な存在があった。今年の5月、ルビオは母親を肺ガンで亡くしている。

昨シーズン開幕時期から病気が進行し、徐々に弱っていく母の姿を見続けたルビオは、シーズン中に遠征先のホテルで、「自分はここにいる意味があるのか?」と、プレーを続ける意味を自問自答し、苦しい日々を過ごしたと『AP通信』に明かした。

母親が元気だった頃は、試合を終えるとビデオチャットで会話することが多かった。勝敗にかかわらず、真っ先に母親の声を聞きたかったからだという。だがそれも、ガンの発病後はできなくなった。昨シーズンが終わるとすぐにルビオはスペインに帰国。約6週間、母親と一緒に過ごし、今年の5月25日、56歳の若さで息を引き取った母の最期を看取った。

失意のどん底を経験したルビオは、母の死から約2カ月半後に開幕するリオ五輪に、スペイン代表の一員として出場するかどうか悩んだ。16歳から代表でプレーしているルビオにとって、代表は自分を成長させてくれたチームであり、チームメートは皆、家族に近い存在だった。

悩みに悩んだ末、ルビオは代表チームに加わる決断を下した。その時の心境を、本人はこう振り返っている。

「自分にとって何がベストかを考えた」とルビオは言う。「家族と過ごすべきか、それとも金メダルという目標のために尽くして、母にメダルを捧げるかで悩んだ」

スペインのリオ五輪は、予想外の2連敗という波乱からスタート。ルビオは、これまでのキャリアと同様に重圧を背負っていたが、連敗後は何かが吹っ切れ、自分のプレーを楽しくやろうという気持ちが芽生えたという。それからスペインは3連勝で予選ラウンドを突破。準々決勝でフランスを破り、直近2大会続けて決勝で敗れているアメリカと準決勝で対戦したが、76-82で惜敗した。

ルビオには、亡き母に金メダルを捧げたいという願望以外にも、今大会に懸ける思いがあった。前のオリンピックイヤーである2012年の3月、NBAで1年目のシーズンをプレーしていたルビオは、試合中に左ヒザ前十字靭帯を断裂する重傷を負った。このケガでロンドン五輪への参加は不可能となり、家族のように慕う仲間たちが、決勝でアメリカに100-107で敗れる姿を黙って眺めることしかできなかった。

ルビオは、リハビリの初日、自分を担当するフィジカルセラピストに「4年後のリオ五輪に出場するためにヒザを治してほしい」と頼んだそうだ。それから五輪が話題になったことはなかったそうだが、ルビオが母の死を乗り越えて五輪参加を決めた後、トレーナーのもとには妻の分を含むリオ行きの航空券が2枚、ルビオから送られてきたという。

リオの準決勝で惜しくもアメリカに敗れたスペインは、同じく準決勝でセルビアに負けたオーストラリアと銅メダルを懸けて3位決定戦を争う。一番良い色のメダルを取ることはできなかったが、次の試合に勝てれば、天国の母に報告することができる。いや、勝っても負けても、墓前で語り掛けたいことはたくさんあるのだろう。

辛いリハビリを耐えてチームメートのために五輪に出場し、悲しみを乗り越え母にメダルを捧げるために出場した五輪は、ルビオにとって意味のある大会になるはずだ。

神童として結果を出し続けていたルビオ。しかし、NBAでは1年目の成績から期待しているだけの成長が見えずスタッツも頭打ちになっている。6年目の新シーズンは自身の成長と初のプレーオフ進出に期待がかかる。