ナゲッツに朗報、新型コロナウイルスの陽性反応が出て欠場中のマイケル・ポーターJr.が復帰へと前進

ナゲッツに朗報、新型コロナウイルスの陽性反応が出て欠場中のマイケル・ポーターJr.が復帰へと前進

2021/01/22 18:15
マイケル・ポーターJr.

検査結果は陰性、すでにチームに合流済み

ナゲッツのマイケル・ポーターJr.は、新型コロナウイルス感染者との接触があったとして安全衛生プロトコルにより隔離を強いられ、そして自身も検査で陽性反応が出たために欠場が長引いている。最後にプレーしたのは12月30日。今年に入ってからの10試合を欠場している。

ナゲッツは現在7勝7敗で、西カンファレンス10位。まだ序盤戦のため心配するほどではないが、昨シーズンはシックスマンとして攻撃にアクセントを加える役割でブレイクを果たしたポーターJr.は、今シーズンは開幕から先発に固定され、4試合で平均19.5得点、6.8リバウンド、1.8アシスト、1.5ブロックの活躍を見せていた。恵まれたアスリート能力に加えて、どこからでも得点を奪うことのできるシュート力は大きな武器で、彼がいれば勝てていたであろう試合もあった。

そのポーターJr.の復帰が近づいている。現地21日の練習後の会見で、ヘッドコーチのマイケル・マローンは、ポーターJr.の検査結果が陰性であり、またチームに合流したことを明かしている。

「陰性という結果が出たのは大きい」と語ったマローンだが、ポーターJr.が復帰するために必要な条件についても言及した。「あとは心肺機能が回復しているかどうか、それを測定するテストをパスしないといけない。すべてが揃ってからになるが、今回の遠征中に復帰してもらいたいね」

ナゲッツは、現地22日のサンズ戦からロードで5連戦という日程をこなす。マローンのコメントにもあるように、遠征期間中に準備が整い、ポーターJr.がコートに戻ってくることを期待したい。

RECOMMEND